今の日本は貧困が普通?!「ビジネスマン」も「家庭」も「女子」も「子ども」も皆大変?

a

今は世界中どこでも不景気であり、当然日本でもここ数年の経済状況は香ばしくありません。
今日のヤフーニュース(経済カテゴリー)である記事が目にと留まりました。

「個人年収のボリュームゾーンは”300万~400万”、貯金は”100万未満”が最も多い」との事です。

昔はその様な額の収入や貯金は少ない方ですが、いつの間にか”最多”という状況になりましたね。
「消費税の引き上げ」や「非正規雇用の増加」、「社会保障の負担額の増加」や「公共料金値上げ」などの中で、収入が減り、貯金が出来無い事によって今や将来の生活に対して強い不安を感じてしまう
のはこく当り前の事でしょう。

しかし、例え多くの国民がこの様な”険悪な状態”に陥いているとしても、多くの政治や国家公務員は給料やボーナスを上げながら次は消費税を10%に引き上げたり、そしてさらに15%へ議論を展開するそうです。

加えて官僚や議員の間で最終的には「消費税を30%まで引き上げよう」という工作が計画されている様です。

そしてマスコミや新聞、ネットなどの”メディア”を利用して「これくらいの(少ない)収入は普通ですよ。」という印象を国民植え付け様としているのでしょう。
そのため、「殆どの人がこれくらいの(少ない)収入。」「今の状況はこく普通の事」「と同じ状況だから大丈夫!」だと思って安心してはいけません。

自分や家族の生活や将来を守れるのは結局自分だけです。

町中のホームレスや失業者、貧困女子やワーキングプアの若者達を見てください。

結局誰も彼らを助けません。

今の時代は皆自分や自身の家族の事だけで精一杯でとても”他人”を助けられる余裕はありません。

しかもこの様な状況はこれからはさらに悪化するのでしょう。
そして書店には貧困やお金に関する書籍が多数に出版されており、多くの人は「この様な”苦しい”状況から脱出しい!」という現状を物語っています。

ところで、日本では正規でも非正規でも、公務員以外の務めですと、殆どの人は午後5時や6時に仕事を上がる事が出来ませんね。
多くの人はフルタイムで8時間や9時間の仕事をした後、さらに残業を行います。
そのため、例え収入が少い事によって貯金が出来なく、将来に不安を感じて仕事を増やそうとしても、殆どの人はもうその様な体力精力が残っておりませんね。

無論私も”ダブルワーク”を行うのは体力的にも精神的にも負える事が出来ません。
よって、私は今現在在宅でパソコン一台で行える副業を行い、権利収入を得られるシステムを建築しています。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは