シングルマザーの平均年収は200万円以下!!今後の生活するためにやるべきことは?

a0002_002942

最近増えているシングルマザー。その平均年収は200万円もないようです。そんなシングルマザーを補助する制度はほとんどが幼い子供がいるときしか使えません。そんなシングルマザーが今後の生活のためにするべきことはなんでしょうか?

 

離婚によって幼い子供を連れて生活をすることになるシングルマザー。厚生労働省の「平成23年度全国母子世帯等調査結果の概要」では、シングルマザーが働いて稼げる金額が年間で平均181万円と発表されました。

月収でいえば、約15万円。かなりきつい生活でしょう。しかも、パートが45%、正社員が40%と待遇も厳しいのが現状です。年収が100万円もない家庭もあるようです。

 

ただ、18歳以下の子供がいれば児童扶養手当で4万円程度もらうことができ、自治体次第ではJRの割引や水道の基本料金免除、粗大ゴミの収集料免除などを受けることができるので、なんとか生活はできるかと思います。

 

しかし、子供が高校を卒業をしてしまえば手当はなくなり、元の収入になってしまいます。そのまま働き続けるのも体力的に厳しい年齢になるでしょう。どうすれば良いのでしょうか?

 

解決する方法は自分で稼ぐということでしょう。会社からの給料ではなく自分で稼いでいくのです。そうすれば、正社員やパートとして働き続けることもなく生活ができます。

 

体力的なことも考えると、働く時間で決まらない収入、権利収入がベストでしょう。ケガや病気で働けなくなってしまえば、会社から退職を通告されても文句は言えません。また、子供に迷惑をかけてしまうという気持ちもあるでしょう。

権利収入があると、無理に働かずに子供との時間をとることができます。会社からの給料だけではできなかったレジャーランドや旅行、学校行事に参加することができるようになります。

そんな権利収入を1日2~3時間取り組むことで作る方法とは・・・

シングルマザーが子供との時間を手に入れる!魔法の扉はこちらをクリック!