迫り来る親の老後!介護費用を作り出すための秘策とは?

a1380_000488

働き盛りのあなた、老後の準備をしていますか?いつまでも健康に生きて欲しい。しかし、介護が必要になることも考えなければなりません。けっこうな金額になる介護費用をどう稼いでいけばいいでしょうか?

 

高校、専門学校、短大、大学を卒業し、社会人として一人前として認められる30代。会社でも重要な役割を任せられ、より責任ある仕事になる40代。どちらも働き盛りと呼ばれる年代です。

そんな働き盛りの世代の親は定年が近い50代や定年退職し第二の人生を始める60代の方が多いですね。今まで頑張ってきた分だけ、これからは人生を楽しく過ごして欲しいものですが、認知症や骨粗鬆症による骨折で介護が必要になることがあります。

 

高齢化社会になっている現在では、介護費用はかなりの金額になります。例えば有料老人ホームであるなら月額15万円から100万円、特別養護施設なら月額8万円から15万円という値段設定のところが多いですね。

実際は年金に加えて様々な補助がありますが、足りない分は子供であり、働き盛りのあなたが負担することになります。自宅介護にすればもう少し費用を抑えることができるかもしれませんが、相当の負担であることを覚悟しておきましょう。

 

では、介護費用の対策はどうしたほうがいいでしょうか?今は給料で賄えることができたとしても、定年後は賄いきれなくなることは明らかです。とるなると、会社からの給料以外にも稼いでおくのが現実的な選択肢でしょう。

定年後にも収入になる方が良いことを考えると、働く時間で収入が決まらない権利収入になる副業が最適です。

副業に取り組んで権利収入が入るようになれば、親の老後だけでなく、自身の老後も快適に過ごすことができますね。趣味や旅行にも行けるし、親との時間も過ごすこともできます。

 

介護費用なんて怖くない!在宅で権利収入を作り出す副業とは?