初デートの食事は男性が奢るべき!割り勘NGの理由とは?そして支払いたがる女性の心理は?

p01

皆さんは普段よく異性食事をしますか?
その時のお会計は男性?それとも女性?あるいは割り勘で支払っているのですか?

昔(特にバブル時代)の食事は”男性”が支払うのが普通で、女性に支払わせるのは「男としての面子が潰される」だと考えられていました。

しかし、今の時代は多くの女性社会進出して働き、中には男性よりも多くの収入を得られている方も多いです。

よって、「女性も働いているのに男性が全て支払うのは可笑しい!」という価値観が若者の間に広まってしまったのでしょう。

それについて、あるヤフーに乗っているニュースが目に留まりました。

ある41歳のOLが上司に食事に誘われ、会計を割り勘したら「食事に付き合った女性社員に割り勘させるのはマナー違反で”パワハラ”」と主張しました。

そして記事に記載されている弁護士の解説によりますと、「食事を無理矢理に誘った。」あるいは、「食事を断ったら仕事上不利益な扱いを受ける」の場合ですとパワハラになります。

しかし、法律上では「食事は男性が払う」という決まりが無いので、「単に”割り勘”を主張するのはパワハラにならない」という事です。

無論仕事上の付き合いのみではなく、殆どの人は普段の付き合いでも異性に食事に誘う機会が少なくないですね。
その際には、「男性が払うか?」、あるいは「割り勘にするか?」と悩む人は多い様です。

私が思うには、男性がもし食事に誘った女性に対し、一歩進んで”恋人”になれる様アタックする心算がありますなら、初めて食事は断然奢るべきでしょう。

これは男性差別とは関係なく、男女の心理に関係がある事です。

女性は”本能的”に「力強くてパワーも持っている」、「安心感を与える」”強い”男性に惹かれる物です。そして食事を支払うのはその様な”場をコントロール出来る程の経済力”をアピールする事になります。

その上他の男性との差を付ける事も出来、獲物(笑)の女性に「他の男性と違って私を大切にしている。」と思わせる事が出来るのです。加えて相手の女性に「貸し」を作る事によって、次のデートを誘ったり、さらに次の段階に進み易くなります。

「一回奢ったら相手はその旨みを知り、次の食事やさらにその次の食事も奢るという”悪循環”に陥るのではないか?」という心配な声もありますが。

まとも”な女性でしたら、一度でも「彼氏でもない男性に奢られたら、多少申し訳ない気持ちを持つ物です。

そして多くの女性は「じゃあ次は私が奢るね」と次のデートを誘う様になりますね。
*(もし申し訳ない気持ちが全然無く、さらに次も「奢って!」「奢って!」と要求してくる様な女性でしたら、その場合は速やかに離れる様にお勧めします。)

そのため、もし相手が気になる女性でしたら、初めての食事は断然奢るべきでしょう。

対して女性には、もし相手の男性に対して全然気が無く、”恋人”として付き合う気はさらさら無いのなら、食事は「割り勘」にすると強く主張しましょう。
*(何故なら一度でも”借り”を作ってしまうと、相手の次の要求に対して断り辛くなり、後々面倒な事になるからです)

ともあれ、この様な話題が出るという事は、今の時代多くの人は経済的な余裕が無くなってしまったという事ですね。

現に私自身も今在宅でパソコン一台で出来る副業を行い、将来生活に困らない程の権利収入・不労所得を入手出来るシステムを建築しています。
(権利収入・不労所得)は労働収入と違い、例え病気や事故に遭って働けなくても「自動的」に収入を得える素晴らしいシステムとなっております。

すなわち、生活での「保障」になりますね。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは