妊婦は邪魔だから働くな?!約3割の妊娠女性がマタハラ被害に?

1

つい去年の十月に、ある従業員の女性が残業代が支払われず、なおかつ”妊娠”した際の
配置転換希望も拒否された事で「マタハラ訴訟」を引き起こしましたね。

(日本労働組合総連合会)が2014年5月の際、働く女性に対して「マタハラ問題」について
調査を行い、その結果によりますと、

「マタハラの被害者であるという人」は26.3%

「周囲に被害者がいる」のは27.3%

という結果になり、約”三割”の女性が現にマタハラによる被害を逢っているという事になり
ます。
そしてその原因はやはり女性の(妊娠育児介護)などによって、頻繁に遅れて出勤したり、
早退したり、さらに残業が出来ない事などで、その(しわ寄せ)が周りの同僚上司に行って
しまったからでしょう。

無論今のこの少子高齢化な社会、子供はまさに国の””です。
よって妊婦子供を大事にし、若者達の子作りや子育ての環境を支援するなど、社会全体が
お母さんの大変さを理解する必要がありますね。

しかし、例えその様に理解をしても、多くの人はそんな”余裕”なんてありませんね。

この不景気な時代、殆どの人は毎日朝から晩まで汗水垂らしながら忙しく働き、自分や家族を
養うだけで精一杯です。
そんな中、「他人の都合」によって仕事の量が増えると、当然不満が籠ります。

向こうの勝手な事情や都合で妊娠したのに、なぜ私がその仕事をカバーしなくてはならないの?
しかも給料が増える訳でもないし、こっちも生活が苦しくて余裕が無いのよ…」

この様に思っている少なくないでしょう。

殆どの人は仏様の様な”聖人”ではありません。
「人を助けたい!」「人を救いたい!」という気持ちは自身の生活が余裕がある時のみ起こる
物です。

自身や家族の生活が苦しい、仕事を失って明日食べて行けるかも分からない状態で一体どうして
他人を心配する余裕なんであるでしょうか?

そのため、「妊婦の大変さをもっと理解して!」「もっと妊婦に優しく!」と宣伝して”一般市民”
の優しさを頼るのではなく、先に政府や政治家達が様々な子育て支援や子育て施設などの制度を充実
させるべきでしょう。

同時に私は在宅でパソコン一台で行える”副業”を積極的に広めるべきだとおもいます。

現に私自身も今在宅でパソコン一台で出来る副業を行い、将来生活に困らない
程の権利収入・不労所得を入手出来るシステムを建築しています。
(権利収入・不労所得)は労働収入と違い、例え病気や事故に遭って働け
なくても「自動的」に収入を得える素晴らしいシステムとなっております。

すなわち、生活での「保障」になりますね。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは