ネットビジネスでも65万円が控除!以外にお得な青色の確定申告とは?

a0800_001298

ネットビジネスの税金対策に悩む皆さん、朗報です。確定申告の中でも青色確定申告を行うことで年間65万円の控除が受けれるとのこと。この青色申告、どんなしくみになっているのでしょうか?

 

インターネットを使ったネットビジネスは会社からもらう給料ではなく、事業によって得られた利益が自身の収入になります。ですので、あなた自身が稼いだ金額を税務署に報告する必要があり、その報告が確定申告と呼ばれるものです。

 

しかし、できるだけ税金の支払いを抑えたいというのがネットビジネスに携わる人の本音です。では、そこで役立つ青色申告とはなんでしょうか?

 

確定申告の中でも青色の確定申告、青色申告と呼ばれる方法は個人事業主にとってかなりのメリットがあります。よく知られているのが65万円の控除。税金の計算をするとき、65万円までは0円にして良いということです。

 

ですので、月収5万円を超えるようであれば青色申告で行う方が支払う税金が少なくなります。もちろん、青色申告で経費に組み込める幅が広がりますし、赤字を繰り越すことだってできます。

 

もしパートやアルバイト、サラリーマンとして給料を貰っているのであれば、赤字分も一緒に計算して確定申告できるので税金が戻ってくる場合があります。

 

一見して良い事だらけに見えそうですが、注意点が2つほど。

1つは事前に開業届けを提出すること。あらかじめ提出することが条件なので、今年から始めた場合には青色ではなく白色申告になります。もう1つが失業保険が出ないこと。「こういった事業をします!」ということなので失業しているとはみなされません。年収との兼ね合いをきちんと判断しましょう。

 

このように青色申告でお得になることが多いネットビジネス。月収5万円以上であれば生活も余裕が出てきますね。もしこの月収を働かずとも手に入れる、いわゆる権利収入であれば時間も一緒に獲得できます。

権利収入で生活に余裕を!その獲得方法とは?