若者に増えるナシ婚、披露宴をしない理由は●●だった!?

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!

a0800_001248

人生の節目、結婚。そんな結婚を披露宴なしで行うナシ婚が増えています。特に20代に多いようです。そんなナシ婚をするのは、色々な理由があると言いますが、突き詰めると1つの事実にたどり着きました。

 

ナシ婚は何十人、何百人も呼ぶ結婚披露宴を行わず、身内の食事会で済ませるなど簡素な結婚式のことを言います。特に20代の結婚にナシ婚は多いですね。

そんなナシ婚をする理由は色々あります。お金がない、授かり婚、再婚、目立つのが嫌、気疲れするがありますが、それらを突き詰めると、お金がないという経済的な理由が大きく占めています。

 

まず、お金がかかるというのは会場費、衣装代がかなりの負担になります。招待者からご祝儀をもらえるとなっても、それらでは賄いきれずにかなりの額を夫婦で負担することが多いようです。

若い世代の収入があまりにも少ないため、披露宴をするとなるとかなり切り詰めた生活になります。両方の親からも支援を受けるケースもあるようですね。

 

また、授かり婚も経済的な理由の1つ。子供を授かってしまうことで結婚に踏み切る授かり婚ですが、計画的に行うカップルもかなり多いです。旦那さんの収入に不安があるということで紹介できないときにこういった方法をとるようです。

 

このように、本当は披露宴を開き、友人たちを呼びたいと考えている人が多いです。経済的な理由でナシ婚にするのはつらいものです。

そのため、本業以外にも副業で結婚式の資金を貯めるという方法も考えられます。今後の生活を考えると、働いた分だけ得られる労働収入よりも働く以上に収入になる権利収入が良いでしょう。

権利収入であれば、家族との時間、子供と触れ合う時間も増やすことができます。

忙しいあなたにこそ!スキマ時間に取り組むサイドビジネス!