130万円を超えると逆転が起きる!?確定申告で注意すべき年収とは?

a1180_009157

確定申告の準備をしている専業主婦の皆さん。年収が130万円を超えてはいませんか?手取りが大きく変わってしまう「壁」がなくなったと言われていますが、そんなことはありません。130万円の裏にはどういった仕組みが隠れているのでしょうか?

 

年収に応じた税金を決めるために確定申告を行います。一定以上になると確定申告は義務になりますね。多くの人が気にするのは103万円の壁。扶養から外れてしまう境目の金額ですが、実はこの金額を超えても逆転は起きないのです。

 

では、年収で130万円を超えるとどういったことが起きるのでしょうか?それは社会保険。社会保険を支払う義務が出てくるのがこの年収130万円ということになるのです。

 

社会保険は働く人が加入がしている保険のこと。労働中に事故にあった時におりる保険ですね。正社員以外にもアルバイトやパートなど非正規社員も加入が義務になる場合があります。その条件の1つが130万円なのです。

 

社会保険の年間負担は20万円近く。そうなると、130万円を稼いだときと129万円を稼いだ時では、後者のほうが手取りが多くなってしまう逆転が起きてしまうのです。

 

ですので、その対策としては2つ。

1つは130万円を超えないように調整すること。アルバイトやパートであればシフト制や歩合制であることがほとんど。ですので、上司と相談して年収を調整して確定申告をしましょう。

もう1つは思いっきり稼ぐこと。だいたい170万円くらいであれば社会保険料や所得税を支払っても手取りが大きく残ります。ただ、アルバイトやパートでそれだけ稼ぐにはかなりの労働時間になるでしょう。

これからはちょこっと稼ぐか思いっきり稼ぐかの二極化が進むことになります。ただ、パートやアルバイトで思いっきり稼ぐにはかなり働く時間以外にも家事や子供の世話が必要な主婦ではなり厳しくなるでしょう。

そうすると、働く時間で決まる労働収入よりも働かずとも得られる権利収入タイプで稼ぐのがオススメです。そんな収入であれば家事や子供の世話に時間を割くことができますね。特に、スキマ時間でできれば忙しい主婦にはばっちりですね。

専業主婦が稼いでしまう!驚きの在宅ビジネスとは?