確定申告で逆転はしない!?103万の壁が消えた仕組みとは?

a0800_001298

確定申告を控えた皆さん、朗報です。103万円を超えると手取りが減ってしまう逆転現象が起きなくなるようです。それに伴って、税金の境目である103万円の壁が消えてしまいます。その仕組みを解明しましょう。

 

専業主婦は確定申告の上では旦那さんが養っている扶養家族とされています。扶養家族である条件が年収103万円以下ということでアルバイトやパートの収入を調整する人が多いです。

その103万円を少し超えてしまうと、扶養から外れてしまい所得税を納めることになります。そうすると、収入が多いはずなのに手取りが少なくなってしまうという逆転現象が起きてしまうのです。

 

しかし、税金に関する法律が改正されたことで逆転現象がおきなくなり、103万円の壁がなくなったのです。

 

その仕組みの根本にあるのが配偶者特別控除制度。今までは配偶者控除制度しかなかったのですが、こちらの特別控除も利用できるようになったのです。

今までの配偶者控除は103万以下なら納める税金がなしで、それを超えると所得税が発生する仕組みでした。

配偶者特別控除制度は年収が103万円を超えると、その金額に応じて控除額が変更される制度です。年収があがるにつれて控除額が減っていくので、境目次第で手取りが大きく変わるということが起きなくなりました。

ただ、注意点が2つほど。

1つはこれらの金額は給料としての年収であること。ネットビジネスやネットワークビジネスのような個人事業としての副業では計算方法が違います。

もう1つが年収の上限。いくら特別控除ができるといっても141万円を超えるとこのような制度が利用できなくなります。もちろん、旦那さんの年収も1000万円を超えるようだと特別控除が使えなくなるので気をつけましょう。

 

このように、制度をうまく利用することで手取りの収入を増やすことができます。ただ、制度を利用して得られるのは大きく見積もって数万円程度。たくさん働く方が収入は大きくなります。

しかし、働くのであればその分時間がなくなります。労働時間によって収入が決まる労働収入の仕組みだからです。

では、働く時間で決まらない権利収入であればどうでしょうか。最初は割に合わないかもしれませんが、後から労働時間以上に収入になる仕組み。収入もじかんも両方を得られる夢のような収入です。

あの私が確定申告!?専業主婦が権利収入を獲得するには?