”親 ”も就職活動に参加?!就活生を持っている不安な親と、実際企業の状況と本心は? 

 

1

今この不景気な時代の中、多くの若者は激しい受験勉強を通過し、大学で四年間勉強をした後、引き続きに辛い「就職活動」を接する事になりますね。

今までは学校や塾での勉強を頑張り、テストで良い点を取って良い大学を卒業したら名のある良い大企業に就職する事が出来、さらに給料の高い安定仕事を入手出来ると考えられていました。

しかし、正社員雇用が減り、多くの企業が人員削減などの”コスト削減”を実施している今の時代、良い大学の卒業賞状は必ずしも安定な仕事を得られる「パスポート」ではありません。

無論私は「学歴は絶対的な存在ではなくなったので、もう勉強する必要はない!」とは言っていません。ただ学歴を持っている人でもそんなに苦労する様でしたら、良い大学を卒業していない、あるいはまともな学歴を持っていない人なら、なおさら苦労をすると言っております。そんな中、あるニュースが目にと留まりました。

就活生を持つ保護者の質問を就活情報サイト「MyCareerCenter web」を運営している高嶌悠人さんが答える連載「保護者の就活」で、学歴についての調査がありました。

その内容はというと、殆どの保護者さんは「学歴」を就職活動が成功出来るかどうかの第一要素だと考えております。

しかし、多くの企業側は「偏差値が高い=優秀な学生」という認識を持っていますが、「学歴だけで学生を測ってはいません。」と答えております。

しかし、「優秀な学生を採用したい」という考えはどの企業でも当り前の様に持っています。加えて人事も普段の仕事で忙しいので、採用コストを削減したい上に、多数の応法者を一人一人じっくり”調査”を行う時間は当然ありません。

よって母数を絞らざるをえず、結局「学歴」でフィルタリングしているケースが多いです。

ただ、例え上手く大企業で正社員として就職出来ても、必ずしも将来安定で楽しい未来が保障出来る訳ではありません。

サービス残業や過重労働など、辛くて大変な日が続く可能性も十分高いです。その際に労働環境が悪くて仕事を辞めたくても、転職で次の職場で必ずしも”正社員’になれる保障もありませんし、何より生活が掛かっています。

よって、私は普段の仕事の他に、今在宅でパソコン一台で出来る在宅ワークを行っており、将来「権利収入」を得られるシステムを建築しています。

 

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは