副業の確定申告でお金がもらえる!?以外に得をする環付金の仕組みとは?

a1810_000006

ついにやってきました、確定申告。1月から12月までに副業で稼いだ金額を報告して税金を納める必要があります。しかし、その確定申告環付金としてお金がもらえることがあるようです。いったいどういう仕組みなのでしょか?

 

確定申告は稼いだ金額を税務署に報告することです。稼いだ金額に応じて、所得税や住民税の有無を決めるために、その金額を報告するのです。

もちろん、サラリーマンやパートなど、会社に勤めている以外にネットビジネスやネットワークビジネス、株や投資など副業で得られた金額も別に報告する必要があります。

 

しかし、その確定申告次第では納めるはずのお金が環付金としてもらえることができるようです。いったい、これはどういうことなのでしょうか?

 

この環付金がもらえるのは副業をやっている場合、年度の途中で退職した場合によく起こります。

副業をやっているということは本業は別に仕事があるということになります。サラリーマンやパート、アルバイトなど会社に勤めているのであれば、毎月の給料から確定申告のためにいくらか、。

そうすると、確定申告によって、天引き額が大き過ぎる場合にはその余った分が戻ってくるのです。これが環付金としてお金がもらえるということの真実です。

 

ただ、副業の年収が20万円を超えた場合には確定申告が義務となることに注意してください。申告が遅れた場合や収めることができない場合にはそれなりのペナルティが貸されます。期間内にきちんと申告しましょう!

 

このように仕組みを利用してお金を得ることができます。副業でも同じことが言えますね。きちんと仕組みを理解することが成功につながります。

それらは副業で収入を獲得する、特に権利収入を獲得するときには必須です。今年こそ、副業で結果を出しましょう。

副業で確定申告!そこまで稼いでしまう成功法とは?