専業主婦は103万円を気にする必要はない!?確定申告に使える驚きの制度とは?

a1180_009157

専業主婦の皆さん、確定申告の季節で焦ってはいませんか?103万円を越えてしまえば住民税を払う義務が出てきて生活が圧迫されるという不安があると思います。しかし、そんな103万円の壁がなくなるような制度があるのをご存知でしょうか?

 

103万円の壁は住民税を支払う義務が出るかどうかの境界線のことを言います。103万円を超えると、確定申告で住民税を支払う必要があり、余計な税金を取られてしまうということで警戒する人が多いです。

 

しかし、専業主婦であればそんな103万円の壁は気にする必要はないというのです。そんなことを可能にする制度とはなんでしょうか?

 

それが配偶者特別控除制度。簡単に言えば、配偶者に使った分のお金を税金の計算に使わないという制度です。

専業主婦である配偶者の年収が103万円を超えて105万円未満ならば旦那さんの年収から38万円の控除。105万円を超えて110万円未満なら旦那さんの年収から36万円の控除。・・・というふうにかなりの額が控除されるのです。

 

ただし注意点が2つ。

1つはあなたの年収。いくら控除されるからといって141万円以上を越えてしまえば扶養家族から外れてしまい、控除もなくなります。

もう1つは旦那さんの年収と会社。旦那さんの年収が1000万円を超えているとこの制度は使えません。会社によっては103万を越えることで家族手当がなくなったりしたりします。

 

専業主婦であれば周りが言うほど103万円にはこだわる必要はないのです。きちんと制度を理解して使いこなしましょう。

 

このようにちょこっと働く専業主婦が増えていますね。しかし、時給で働くのであれば、働いた時間以上の収入は得られませんし、自由な時間も制限されます。

これが働く時間で決まらない権利収入であればどうでしょうか。働かずとも得られる収入なので、自由な時間を確保できます。エステ、ヨガに使う、家族旅行に行く、それらを選べる生活が待っています。そんな権利収入がある生活、良いですね。

専業主婦が獲得する権利収入!在宅で実現するには?