ネットワークビジネス、成功した先駆者

シーンを作ってきた成功した先駆者がいた、しかし、、、

ネットワークビジネスでもなんでもそうですが

時代はいつも伝説があり、それに憧れた者たちで続き、

そして道になり時代は進んでいく

自分のためにやり続けてきたことが、誰かのためなる。

そこが一つのゴールで、スタート

いつまでも自分のためにしかできなければ

一代で終わる次へ次へとつなげることが大切。

好きな事を好きにしていられるのは子供で

好きな事を好きにできないのが大人で。

自分ではなく、シーン全体の事を見据えて

見上げた場所に大きな灯火があり

それはとても大きく、人を惹きつける

憧れの対象にもなる

そして人、小さな灯火はそこに集まり、

一つの道となる。

けれど、大きな灯火だけではなく。

小さな灯火もまた、道しるべになる。

そして人はあるいていくのだろう

先駆者として、これからの時代に道を作ることが大切。

いませんか?

自分だけの為に回りを利用しているだけの人とか

若い時代、何も知らず過ごしてきた時もあった、

そして気づき、知識を得ることに夢中だった。

その知識が、これからの時代のためになること

それを僕は望みます

小さな先駆者として。

有名で伝説に慣れるのは当たり前

無名でもだれかの伝説になれるのならば。

それでよくないですか?

先駆者が残す財産!一つの道になる!