専業主婦の副業、103万円以下で確定申告の義務になる!?その真相とは!?

a1810_000006

副業でバリバリ稼いでいる専業主婦の皆さん。確定申告の準備はしていますか?上限となる103万円以下だから大丈夫だとのんびりしていると痛い目に遭うかもしれません。というのも、103万円以上を稼いでいなくとも確定申告する義務が出る場合があるからです。

 

専業主婦はサラリーマンや自営業で頑張っている旦那さんの扶養家族として扱われます。そんな専業主婦といえど、造成などの影響から家計を助けるためにパートやアルバイトとして働いたり、ネットビジネスやネットワークビジネスのような副業を始めたりする人が増えています。

 

もちろん、得られた収入の分だけ税金を納める必要があります。しかし、アルバイトの経験から103万円を超えなければ大丈夫と考える人が多いようです。どのような場合に103万円以下の年間収入で確定申告の義務が生じるのでしょうか?

 

それは給料以外の収入が38万円を超えた場合に確定申告の義務が生じます。基本的に、会社の給料は確定申告のために天引きが行われています。そのため、応募要件の給料と手取りの収入が食い違うのです。

また、給料の場合は給与控除ということで65万円までの収入は0円となるのです。この65万円と38万円の合計で103万円となるのです。

 

しかし、ネットビジネスやネットワークビジネスといった個人事業主は売上から得られる利益を収入にしています。そこから払う税金を計算するために確定申告する必要があります。

もちろん、38万円というのは売上から経費を差し引いた利益です。交通費や製品代金、会計ソフトなど仕事で使った金額は経費としても良いものが多いのでうまく調整しましょう。

そうすれば、旦那さんの家族手当や収入も変わらず、稼いだお金を家計に使うことができますよ。

 

ただ、そこまで稼ぐのが難しいというのが個人事業のビジネス。特に権利収入になるビジネスは稼ぎづらいというのが事実。でも、結果を出すことができれば、子供の養育費にも使えるし、切り詰めずとも家族旅行に行くことができます。そんな生活のために頑張ってみてはどうでしょうか?

 

確定申告するぐらいに稼いでしまう!?そんな権利収入型ビジネスとは?