ネットワークビジネス、リーダーは1人5役であれ

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

ネットワークビジネス、リーダーは1人5役であれ

今回はネットワークビジネスをしていくうえで、リーダーとしてグループ全体を上げていくためには、リーダーであるあなたはつの役割を果たしていくことが必要であることを話していきたいと思います。

ネットワークビジネスに限ったことではありませんが、一般の仕事でもリーダーや班長といった、チームリーダーとして小グループを任されている人はいます。そういった方やこれからなっていく方には特に聞いていtだきたいのですが、グループ全体を成長していくためには、リーダーであるあなたは、つの役割をこなしていかなければなりません。

つまり1人で役を演じていくわけです。1人役と聞くととても大変そうに思えてしまうかもしれませんが、内容的には、あなたがネットワークビジネスで成長していくために、もうすでに取り組まれていることも含まれているので、役と聞くほどそこまで難易度の高いものではありません。

では、さきほどから話している役の役割とはいったいどういったものなのでしょうか?

*学者
*医者
*易者
*役者
*芸者

この役です。もちろん本格的に知識を身に付けてなれと言っているわけではありません。
あくまでも、イメージ的には学者であったり、ときには役者であったりしてメンバーに接していくことが必要であることをいっています。医者と言ってもけっして医療の勉強をするわけではありません。

*学者
自分で勉強して、メンバーさんに教えていくことができる人

*医者
メンバーの悪いところを治す人

*易者
根拠がなくてもメンバーさんに「大丈夫、うまくいく」と言える人

*役者
プロデュースする力を持ってる人

*芸者
場の空気を変える力を持っている人

どの役割もとっても重要でリーダーには欠かせない能力です。
学者に関しては自分でも日々勉強して成長していないと、メンバーさんに伝えていくことすらできませんし、根拠がない場面においても易者になってメンバーさんに「大丈夫。うまくいく」と安心させて集中させてあげないといけません。
いまいち、グループ全体の動きが停滞してるなと感じたときは、役者になってイベントやパーティーなどプロデュースする力も必要です。
さまざまな状況によって、それぞれに合わせた役割を使いこなせるかどうかが、ネットワークビジネスにおいても、一般の仕事においてもとても大切になってきます。

リーダーとしての自覚が生まれて、状況に合わせて5役の役割をこなしてグループと共に成長した人がネットワークビジネスでも結果を出して、成功し自由で豊かな生活をすることができます。

ネットワークビジネスはとても魅力の詰まったビジネスです。
結果を出せば、サラリーマン時代には味わえない経済的にも時間的にも豊かな生活を送ることができて自由な人生を送ることができます。

成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。
とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。
しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。

↓↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓↓

いかがでしたでしょうか?ここまで


ネットワークビジネス、リーダーは1人5役であれ

読んで頂きありがとうございした。