ネットワークビジネスで成功するには褒める文化を

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

ネットワークビジネスで成功するには褒める文化を

今回はネットワークビジネス活動をしていくうえで、ネットワークビジネス成功するにはグループ全体に褒める文化を浸透していくことが必要であるお話をしていきたいと思います。

 

ネットワークビジネスをしているに関わらず、人は褒められると嬉しいもんですよね。褒められても嬉しくないなんてことは、あんまり無いと思います。

仕事で結果を出したら褒めてもらっても良いと思いますし、自分のなかでは良い仕事をしたら褒めてもらいと思います。

しかし、普段働いている一般のお仕事では、責任感の大きさや、仕事の大きさに合わせた給料をもらっているせいか、結果を出して当たり前の風潮になってしまっています。会社から求められている結果を出せないと、怒られてしまいますので、いつでも緊張感に溢れかえっている職場が多いでしょう。一般のお仕事では、会社に所属していて毎月生活の要になる給料をもらっているわけですから、よっぽど嫌なことが無い限り、少々嫌なことでも我慢をして仕事をこなしていくことになるでしょうが、ネットワークビジネスでは、このやり方をしていても通じません。

ネットワークビジネスは会社に雇われているわけでもなく、結果を出したら出したぶん収入をもらえる完全歩合制のビジネスです。ビジネス活動のペースも自分自身で決めて行えることができますので良く言えば自分のペースで自由自在にできますが、所属していて、拘束力がないわけですので、悪く言えば執着心がないとも捉えることもできます。褒めることがないと、どうしてもモチベーションを維持することが難しくて、どんどんモチベーションは下がっていき最終的にはやる気がなくなってリタイアしていきます。ある程度結果を出して収入をもらっている人にはいいかもしれませんが、ネットワークビジネス収入をある程度獲得するまでが1番キツいビジネスです。1番キツいときにモチベーションをうまく上げていかないと、継続することができません。収入がないわけですので収入でモチベーションを上げることは皆無です。ある程度まとまった収入を獲得するまでに、モチベーションを上げたり、維持していくには褒める文化を浸透していくことです。

 

結果には繋がらなくても、その間に至るプロセスを褒めることによって、褒められた人は、いまの自分の行動は間違ってなかったと自信を持てるようになりますし、褒められることによって嬉しい気持ちになってモチベーションが上がっていきます。

褒めるといっても、普段なかなかやらないことなので照れ臭い方もいると思います。

言葉で直接褒めるのが恥ずかしかったり、褒めることに抵抗のある人はメッセージに書いて伝えてみてはいいかもしれません。「いまの行動はいいな」と思ったそのときに渡す。あとで渡したりしてしまうと、感動も半減してしまいます。できるだけその時に渡したほうがいいでしょう。

ベストな褒め方は、できるだけ人前で褒めてあげる。周りにいてる方は褒めらている人に拍手を送ってあげる。そうすることで周囲にいる人も「次は自分」というふうになりグループ全体の士気も上がってグループ全体に活気が溢れるようになります。

それに褒める文化を浸透することで、得をするのは褒められた人だけではありません。褒めた人も「よく発見したね」「とく観察をしているね」と認められるようになります。

ネットワークビジネスで成功されて活躍されている人も、いろんな方を褒めたり、褒められたりすることで、最後まで諦めることもせず、結果的に成功することができました。

ネットワークビジネス以外でも、褒めることに慣れていれば日常生活においても人を褒めて喜んでもらうことができるので、ぜひとも褒めることに慣れておきたいですね。

ネットワークビジネスは魅力がたくさん詰まったビジネスです。
結果を出せば、サラリーマン時代には味わえない経済的にも時間的にも豊かな生活を送ることができて自由な人生を送ることができます。

成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。

とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。

しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?