サイドビジネスで口下手を克服する方法

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

サイドビジネスで口下手を克服する方法

今回はサイドビジネス活動においてアポイントを通じて口下手を少しでも克服する方法について紹介していきたいと思います。

 

サイドビジネスに限らず、普通のお仕事や人との会話を求められたときに、口下手の人からしたらとてつもなく大変だと思います。もし相手の方が饒舌でよくお話をされる人なら自分はあまり話さなくても大丈夫だと思うので安心できると思いますが、相手の方も口数があまり多くなく、口下手とはいかないまでも、こっちもある程度話を繋がないと会話にならないようでしたら、口下手の人からしたら非常に苦しい展開になると思います。

サイドビジネスだと、仕事内容にもよるとは思いますが、人とお会いして製品を売ったり、自分のサイドビジネスに協力をしてもらうために、こちらから会いましょうとアポイントをセッティングして当日お会いするわけです。相手の方の貴重なお時間を削ってまで会って頂いたのに、肝心のあなたが口下手で会話があまり繋がらず、かといって製品やビジネスに協力してもらうための本題ですら満足にお話するおとができなかったら、相手の方からのイメージダウンは避けることができないですし、口下手サイドビジネスで成功することができるのかと問われると、正直、克服でもしない限りは難しいでしょう。

サイドビジネス活動でアポイントをしているとき口下手な人が使う典型的な会話があります。

口下手の人がよく使う典型的な会話とは、質問調の言葉を挟んでいちいち同意を求めてくるのです
。つまり、どういうことかと言うと、会話の語尾に「~じゃないですか」と言っているのです。
サイドビジネス活動を真面目に取り組んでアポイントもしているのに、なかなか結果が出てこない人は、もしかしたら心当たりがあるかもしれませんね。

会話の語尾に「~じゃないですか」と言うのはアポイントをするうえでは非常にまずいです。使ってはいけないNGワードであると言っても過言ではありません。

なぜ「~じゃないですか」を使うとまずいのでしょうか。
雑談や本題前の話で「~じゃないですか」を使ってしまうと、人によっては反論されてしまい、建て直しが効かなくなるかもしれないからです。饒舌な人からしたら挽回できて修復するかもしれませんが、口下手の人からすると、そのまま言いくるめられてしまってイメージダウンした状態で終わってしまう可能性が高いのです。

「~じゃないですか」を使うくらいなら、そして雑談でうまいこと話していける自信がないとしたら
やや乱暴かもしれませんが、いきなり本題の話に斬り込んだほうがよっぽどマシです。
アポイントで会っていきなり「○○さん、ぶっちゃけこれから先のことってどう考えているんですか?」と聞いたほうがうまくいきます。

口下手な人がよく「~じゃないですか」を使うと言いましたが、心理的に、相手から同意をしてもらうことで自分が安心できて、自分と同じ考えだから、きっと私がしてるサイドビジネスにも賛同してくれると思っているのでしょう。

しかし、人はそれぞれです。そういうやり方でサイドビジネスで成功できるほど甘い世界ではないのです。
サイドビジネスといってもサイドビジネスの中にも、ネットワークビジネスやアフィリエイト、ネットビジネスをはじめさまざま種類のお仕事があります。
でのお仕事もとても魅力的ですが、私が特におすすめしたいのがネットワークビジネスです。
ネットワークビジネスは好きな時間に活動することができて、特に特殊な能力もいらずに、みんな同じところからスタートすることができます。また報酬体型も普段の一般人にはなかなかお目めにかかれない権利収入で条件さえ満たしていれば半永久的に収入を得ることができます。完全歩合制ですので結果がでない間はゼロですが、結果を出せば出すほど上限もないので、そのぶん収入を得ることもできます。ネットワークビジネスで成功れば、本業のお仕事の収入よりも多い収入を手にいれることもできるかもしれません。たくさんの夢が詰まった魅力的なビジネスがネットワークビジネスなのです。
成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。
とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。
しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。いまは、私も愛用して使わしてもらっています。

↓↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓↓

いかがでしたでしょうか?ここまで


サイドビジネスで口下手を克服する方法

読んで頂きありがとうございした。