ネットワークビジネスのアポでは相手の共感を得る

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

ネットワークビジネスのアポでは相手の共感を得る

今回はネットワークビジネスアポするときにお相手の共感を得るような話をすると、信用度や信頼度が高まって、アポがうまく成功しやすいことについてお話していきたいと思います。

ネットワークビジネスアポだけに限ったお話ではありませんが、一般の営業職の方がされるようなアポでも、相手から共感を得やすいような話をすれば、もちろんいい方向に取引は進んでいき、自分にとって成功したアポになる可能性が高くなります。

ネットワークビジネスアポにおいても、アポが得意な方や、よく頻繁にアポをされている人はアポで会う相手の方の共感を得るコツをちゃんと分かっていて、相手の共感を得るポイントをずらさずアポをこなしていっているので、あなたにとっても、お相手の方からしてもお互いに有意義な時間になって、今後も続くいい縁になります。

アポが得意な方がやっていることは、データを豊富に持ち込んで、相手に共感を得るために自分の持論だけではなく、歴史上の権威者の言葉をうまく織り混ぜながら信用も同時に得ようとしています。

先程から相手から共感を得ることが大切だと、しつこく言っていますが
要は、相手から「なるほど」と強く思わせることが大事なのです。

人にもよるとは思いますが、なかなかアポの途中で疑問に思ったことでも、よほどの優先度が高くない限りは、途中で突っ込みされることはあまりありません。

疑問があっても、だいたいはその疑問を抱えながら話を最後まで聞いているので、もやもやしたスッキリしない状態で話を聞いていることになります。

疑問を持った状態のなかで話を進めても、まずはスッキリさせない限りは、信用を得るのは難しいので、相手の方が思っていそうな疑問とかは予め、データなどを出して言うほうがお互いにとって無駄な時間を省くことができていいと思います。

また、アポの話で本題に入るときは3つにポイントを絞って「今日は3つだけお話します」と明言していれば、相手も聞きやすい状態で話を聞いてくれます。

何が言いたいのかは話の基本です。話のゴールがわからないと、けっきょく意味なくせっかくのアポが終わってしまいます。3つに絞り最初に1つめ、2つめと順に話していくことで、それぞれのポイントで何が言いたいのかが相手の方にもわかって、話の内容がわからないなんてことはならずに意味のあるアポになります。

もちろん、そうしたアポをするには話の構成も重要になってくるので準備をしなくてはいけません。
決してぶっつけ本番で、できるほど簡単なものではないです。

準備をすることによって、あなたのアポがうまくいくと思ったら、やるべきだと思いますし、ネットワークビジネスとはいえ、ちゃんとしたビジネスですから手を抜いて成功できるほど甘くはないということがわかると思います。

成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。
とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。
しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。いまは、私も愛用して使わしてもらっています。

↓↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓↓

いかがでしたでしょうか?ここまで


ネットワークビジネスのアポでは相手の共感を得る

読んで頂きありがとうございした。