ネットワークビジネスのアポイントで話題を変える方法

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

ネットワークビジネスアポイント話題を変える方法

今回はネットワークビジネスアポイントで、うまいこと自分の話題を持っていきたいときに使う、話題を自然とうまく変えることができる方法についてお話をしていきたいと思います。

ネットワークビジネスだけに限ったお話ではありませんが、一般の営業職の方でもアポイントすると、なかなか自分がしたい話題ができずに、相手の方がお話したい話題ばっかりになってやきもきしたことは皆さんご経験があるはずだと思います。

相手の方が、同じネットワークビジネスをしている方だと、自分の会社を自慢げに話して逆勧誘してくる場合もありますし、保険業界や投資関係のお仕事されている方だと商品を売ってくる話を永遠と聞かされるなんてこともあると思います。

正直な話、ご自身に興味があるなら、そういった話にも興味が湧いてお相手の話を満足するまで聞いたらいいと思いますが、興味がない場合、興味がないわけですので、そんな話題を聞いていても正直面白くないと思います。時間がもったいなくて、自分がやっているネットワークビジネスの話題

切り替えたいというのが、本音だと思います。

ネットワークビジネスアポイントであったり、友人や知人との普段の日常の会話であったりと、こういう形で話題を変えたいと思うことは多々あると思います。

そんな、話題を変えたいときに役に立つ方法があります。

話題を変えたいときに役立つ方法、それは。。。

接続詞をかえるのです。

話題を変えるには接続詞?と思う方もいらっしゃると思います。

そうなのです。話題を変えるには接続詞なのです。

普段使っている接続詞を少し変えるだけで、自然と相手に違和感を感じ取られることもなく話題を変えることができて、自分のしたい話題へと切り替えることができます。

それに接続詞を変えるだけでトークスキルがアップしたり、相手から好感を得ることができて、良いこと三昧なのです。

ただ、接続詞を変えるといって、あからさまに「ところで話は変わるんだけど。。」というのはNGです。あくまでもうまく使う接続詞を工夫して、自然と話題を変えることが大切なのです。

話題を変えるために使う接続詞の1つとして

「○○さんの話で思い出したんだけど」「A社といえば、この間」「今の話で1つ思い出したんだけど」

というような工夫でうまくタイミングを合わせて使えば、自然と相手からも疑われることもなく話題を変えることができます。

「要は」「要するに」「つまり」などまとめる接続詞を使えば、ポイントもまとめることもでき、相手からも自分の話を聞いてくれていると思わせることができて好感度を得ることもできます。

ネットワークビジネスは個人、ソロで活動しているビジネスです。あなた自身が信用を得ることができないと商売になりません。保険や投資みたいに信用ビジネスだと言っても過言ではありません。

ネットワークビジネスは好きな時間に活動することができて、特に特殊な能力もいらずに、みんな同じところからスタートすることができます。また報酬体型も普段の一般人にはなかなかお目めにかかれない権利収入で条件さえ満たしていれば半永久的に収入を得ることができます。完全歩合制ですので結果がでない間はゼロですが、結果を出せば出すほど上限もないので、そのぶん収入を得ることもできます。ネットワークビジネスで成功れば、本業のお仕事の収入よりも多い収入を手にいれることもできるかもしれません。たくさんの夢が詰まった魅力的なビジネスがネットワークビジネスなのです。

成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。

とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。

しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。いまは、私も愛用して使わしてもらっています。

↓↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓↓

いかがでしたでしょうか?ここまで

ネットワークビジネスのアポイントで話題を変える方法

 

読んで頂きありがとうございした。