製品が売れさえすれば、ネットワークビジネスで成功できる?

ネットワークワークビジネスの仕事は、けっして製品を売るだけのことではないという話をします。

確かに、企業は製品の売り上げを上げるために、ネットワークワークビジネスの仕組みを採用します。

しかし、このビジネスで成功するためには、製品を売ることだけ考えていればいいと思ったら大間違いです。

ネットワークワークビジネスの仕組みですが、これはネットワークワークビジネスを誤解している人もそうですし、現役のネットワーカーの人もちゃんと理解していない人が少なくありません。

ネットワークワークビジネスは製品を売る店頭販売や近所の自宅や知らない家に飛び込みで行って販売するような訪問販売ではありません。

実際にネットワーカーの人が近所の家を訪問して小売りしていたり、ネットワークワークビジネスそのものが日本の法律の関係もあって、訪問販売協会に属していることから、現役のネットワーカーを含めて、「ネットワークワークビジネス=製品を売る」イメージが拭えないままでいるのでしょう。

ネットワークワークビジネスは製品を売るのではなく、製品を友人や知人とともに分かち合う(シェアリング)することです。

口コミによって、あなたが友人や知人に伝えていくことによって、その友人たちが、あなたから で すすめられた製品をもし、気に入ってもらうことができたら、かってに自動で流通するのです。

自動で動くのに、わざわざ製品を小売りで売って手動に切り替えなくてもいいのです。

そんなことしてたら、余計な手間がかかって、あなたが成功するまでの道のりを遠ざけることになってしまいます。

残念なことにネットワークワークビジネスの業界で頑張って活動されている95%の人が製品は無理矢理にでも売るものだと思っています

料理道具や浄水器、化粧品のデモストレーションをして製品を売るものだと無意識に考えているのでしょう。

もちろん、製品の良さを伝えるためにデモストレーションはとても大切なことです。

デモストレーションが悪いわけではありません。ただ、あなたのゴールをデモストレーションをして製品を売るという考えではダメってことで、いろんな製品があって、その製品を使って副収入をてに入れたらいいなって相手に思わせないとダメなのです。

ちゃんと目的を持って、目的に沿って口コミをしていくことが大切なのです。

 

さきほど95%の人は無理矢理にでも製品を売ることを考えていると話ましたが、逆に言うと

残りの5%の人はちゃんとネットワークワークビジネスの仕組みを理解して、うまく仕組みにはまるように口コミで成果をあげられています

そういう人はたいがい目的に沿って忠実に地道にやっているので、ネットワークワークビジネスにおいても結果を出しやすいのでしょう。

5%と言ったら、ネットワークワークビジネスでも成功者の割合が同じような数値ですので

ネットワークワークビジネスの仕組みを理解し実践した人が成功者になれると言っても過言ではないかもしれませんね。

ネットワークワークビジネスはとても魅力のあるビジネスです。

いま、成功者として活動されている人も、成功するまでは、ネットワークワークビジネスの仕組みをちゃんと理解したうえで、地道に頑張っていき、結果を出して豊かな生活を送ることができたのでしょう。

成功者がいるいいぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。

とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。

しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。いまは、私も愛用して使わしてもらっています。

↓↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓↓

 《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?