ネットワークビジネス、途中で辞めると敗北者

《注目》ネットワークビジネス、口コミやめて楽しみませんか?

ネットワークビジネス、途中で辞めると敗北者

今回は、ネットワークビジネスをやるうえで、途中で辞めてしまう場合は敗北者になってしまうお話をしてみたいと思います。

ネットワークビジネスに限らずなんでもそうですが、普段の仕事、取り組んでいるスポーツにおいても結果を出す前に途中で辞めてしまうと、世間の認識からは敗北者となってしまいます。

辞めてしまう敗北者として認識されてしまうので、辞めずに粘り続けていくことで敗北者にならずにはすむので、そう簡単に辞めない方がいいのです。

ネットワークビジネスで大成功をおさめてリーダーとして活躍している人をはじめ、ネットワークビジネスに限らずに他の業界の人で活躍されている人も最初から大成功をおさめていたわけではありません。
誰だって苦しくて厳しい道を歩んで来て、敗北しようかと考えつつも、粘り留まって乗り越えたからこそ大成功という道にたどり着いたのです。

誰だって最初は初心者です。最初から大成功している人や手練と対等に戦えるはずがありません。

手練や、ある程度ネットワークビジネスで経験を詰んできた人と同じくらいの活動をしていくためには
当然、それだけのトレーニングが必要になってきます。ネットワークビジネスで大成功をおさめた人もトレーニングをたくさん詰んだ人こそがなっているもんなんです。

なので、特にネットワークビジネスにはじめて参入する場合は、特にみっちりとしたトレーニングをしていったほうがいいでしょう。

だいたいネットワークビジネスにおいて最初のトレーニング期間は2〜6週間です。

この2〜6週間のトレーニング期間でどれだけ集中して取り組むかが、後ほど敗北者になるのか成功者へとなるのかへの分岐点になるので、しっかりとアップの人から情報を収集して取り組んで行くことをオススメします。

まずは、2〜6週間のトレーニング期間の間で、ネットワークビジネスの書物、資料、テープ、ミーティング、スポンサー、いろんな製品を試してちゃんと他のディストリビューターの人と同じくらいのレベルまでたどり着いて、ビジネスとして本格的にスタートを切れるのが次の月です。

次の月から本格的にビジネスをスタートしてスポンサー活動に励んでいくとは思いますが
だからといってトレーニングはまだ完全に終わっていません。

あくまでも、ビジネス活動をしていくうえでの優先順位が変わっただけで、ネットワークビジネスの書物や資料なども並行して読んでいって成長していかなくてはいけません。

結果が出るまでは、敗北者と常に紙一重のたたかいが続きます、厳しい道のりです。粘らないと成功者になることは難しいです。

ただ、成功者になってしまうと
そこからは経済的にも時間的にも制限がなく裕福な暮らしを半永久的にしていくことができるのです。

成功者も成功者になるまでは、敗北者になってもおかしくない、または人生の敗北者だった人もいます。誰だってチャンスがあるのがネットワークビジネスなのです。

しかし、いまの現場ではディストリビューターの人も必死にやってはいますが、なかなか結果が出ないようで苦戦されているようです。

なぜなら、まず!

ネットワークビジネスは口コミの会社であることです。

もちろん、口コミで大成功をつかみ取った人もたくさんいますが

ネットワークビジネスを経験していた当時の私は

人脈も全然なく、お金もなく、口べたで、なかなか見知らぬ人や

友人、知人であったとしても、なかなかビジネスを誘う勇気がありませんでした。

話すのが大好きで、なんでも人と話を共有できる

ヒミツごとがなく、オープンな人やいつも周りに人がいる人や人が集まってくる

リーダー気質な人には向いているビジネスなのかもしれません。

ネットワークビジネスは

完全歩合制なので

サインをもらえないと報酬はもらえません。

なかなか結果が出ずに

フェードアウトしていく人も中にはいます。

そういうこともあって

ネットワークビジネスで結果を出している人は

全体の2%しかいないほど難しい業界なのです。

誰でも向き、不向きはあります。

でも

ネットワークビジネスの製品と

報酬システムは

なかなか捨てがたくありませんか?

ネットワークビジネスのビジネスは魅力たっぷりですよね。

そんな人はこちらがオススメですよ

私もやっています。

《注目》クチコミなし!インターネットでラクラク集客する方法

↓↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓↓

いかがでしたでしょうか?ここまで

ネットワークビジネス、途中で辞めると敗北者

読んで頂きありがとうございます。

こちらの記事もオススメです

ネットワークビジネス、スポンサーとリクルートの違い

ネットワークビジネス、フロントラインを5人以上作るな

ネットワークビジネス、アポイント時に失敗する方法