副業していて大丈夫?会社に気づかれない方法とは!?

[閲覧注意]今までのあなたのやり方に後悔するでしょう

 

ネットワークビジネスをしている人は、サラリーマンの方もいらっしゃると思います。

副業としてネットワークビジネスをしている人は、共通している懸念事項があると思います。

「会社に副業がばれる事」です。

最近では、一部大企業も副業を認めるようになってきており

副業は認められやすい状況にはなりつつあります。

しかし企業によっては副業やアルバイトを禁止している所もありますので

対策が必要になってきます。

 

 

給料が上がらないばかりか下がる事さえある

現在の世の中では本業である会社からの収入だけでは

生活が苦しい方も結構いると思います。

そのような状況であれば副業で生活を支えなければなりません。

会社員の場合給与・賞与による収入が「給与所得」という分類に対して

副業による収入は「事業所得」または「雑所得」という分類に入ります。

雑所得の場合には年間の収入金額の合計が20万以下ならば

特に届出が無くても確定申告は不要となります。

副業による収入が20万以上の場合には確定申告が必要となります。

 

会社員で副業が社内規定で禁止されている場合の解決方法として2つ挙げられます。

まず1つの方法として他の方の収入にしてしまう事です。

例えば専業主婦の奥様の名前で登録されるなど。

ただし社内規定をクリアできても奥様の所得金額によっては各種手当の減額や税金の増加、奥様も社会保険料を

支払わなければならないといけない可能性も出てきますので注意が必要です。

 

もう一つの方法として住民税「普通徴収」という形にする事があげられます。

自分から副業をしている事を言わない限り、自社の社員が副業をしている事を知る唯一の方法が

「住民税」の金額のみとなります。

一般的には会社員の場合全ての住民税が給与から天引きされる「特別徴収」という事になっているので

住民税が不自然に多かったら副業をしている事が会社に気づかれてしまいます。

しかし会社給与の分の住民税のみ会社に請求されその他の所得に対する住民税は

個人に請求される「普通徴収」という制度があります。

この制度を使えば会社が知ることが出来るのは

[給与所得に対応する住民税の金額]のみという事になります。

 

「普通徴収」を利用すれば

給料が同じ程度の他の社員と同じ住民税になりますので

自分が副収入を得ている事は会社は分からず

副業している事に気付かれる事はありません。

 

「普通徴収」を活用し副業で確実な収入を得ましょう。

 

最近では副業としてインターネットを使ったネットワークビジネスも人気を集めているようです。

ネットワークビジネスは、自社の製品を伝え愛用者を増やす事が必要です。

愛用者が出来る事により権利収入が発生します。

自分の伝えた愛用者がまた伝え愛用者を増やしどんどん組織が大きくなると

権利収入もどんどん大きくなっていきます。

努力は必要ですが権利収入を大きくし、結果を出している方もいらっしゃいます。

しかしどの仕事にも言えることですが

ネットワークビジネスも簡単に上手くいくものではありません。

成功者がいる一方で頑張ったけど結果が報われずリタイアする方もいらっしゃいます。

人脈も尽き活動費も無くなりビジネスに勧誘するも口下手なため上手く話せず

途中でリタイアしてしまう人もいるでしょう。

しかしその問題はインターネットで集客できれば解決するのではないでしょうか。

ネットワークビジネスに興味のある人だけを集客する事が可能です。

更にインターネットを使い集客するのでパソコン1台あればいつでもどこでも出来ます。

活動費もかけずに好きな時間に集客可能です。

私もこのビジネスに参加しているのですが毎日ワクワクしながら過ごせてます。

 

〈注目〉完全在宅MLM!寝てる間にダウンを獲得する方法伝授します

 

↓↓↓気になる人は、こちらをクリック↓↓↓

 

 

「副業していて大丈夫?会社に気づかれない方法とは!?」

最後までありがとうございました。

次回もお楽しみに。