アポ取りのOKトークとNGトークについて

〈注目〉今までのあなたのやり方を変え、楽しく権利収入を獲得しよう

 

ネットワークビジネスのトークを規制するのが特定商取引法特商法)です。

特定商取引法とは消費者トラブルが生じやすい取引を対象に勧誘を行う時に守るべきルール等を定めた法律です。

アポイントの取り方やクチコミの声かけ、ビジネスの説明などに深く関わる法律です。

 

 

 

 

どのようなトークが違法なのか、知っておかないといつの間にか法律違反していた

という事にもなりかねませんので確認しておく事が必要ですね。

 

法律違反がないか・・・・・

チェックしてみて下さい。

 

●ネットワークビジネスの勧誘だと事前に伝えてますか。

事前に勧誘だと伝えずに、別の目的を伝えたり

ただ「久しぶりに会わない?」といって約束することは違反になります。

 

ですからネットワークビジネスの勧誘をする場合は

ネットワークビジネスをしていて、もし興味があれば話を聞いてもらいたいんだけど」

とか

ネットワークビジネスセミナーがあるんだけど良かったら一緒に行かない?」

という風に事前に話す事が必要です。

 

そして誘った後にビジネスの説明をし、収入を聞かれついつい

●「必ず儲かるよ!」と言ってませんか

また

●「誰でも儲かるよ!」

など根拠のない不実トークはやはり違反となります。

 

[特定利益についての不実告知]になってしまう場合は

「どのくらいの収入を得られるかはあなた次第だよ!」

と話しましょう。

そして逆に「収入の目標はどれくらい?」や「あなたの夢は?」など

聞いてみましょう。

ネットワークビジネスは人と人とが信頼関係で繋がるコミュニケーションビジネスです。

素敵なビジネスですよね。

 

しかしどの仕事にも言えることですが

ネットワークビジネスも簡単に上手くいくものではありません。

成功者がいる一方で頑張ったけど結果が報われずリタイアする方もいらっしゃいます。

人脈も尽き活動費も無くなりビジネスに勧誘するも口下手なため上手く話せず

途中でリタイアしてしまう人もいるでしょう。

しかしその問題はインターネットで集客できれば解決するのではないでしょうか。

ネットワークビジネスに興味のある人だけを集客する事が可能です。

更にインターネットを使い集客するのでパソコン1台あればいつでもどこでも出来ます。

活動費もかけずに好きな時間に集客可能です。

私もこのビジネスに参加しているのですが毎日ワクワクしながら過ごせてます。

 

〈必見〉楽しく出来る、在宅MLM!驚愕の集客術公開中!

 

↓↓↓気になる人は、コチラをクリック↓↓↓

 

 

「アポ取りのOKトークとNGトークについて」

最後までありがとうございました。

次回もお楽しみに。