仕事で副業がバレない方法

《注目》ネットワークビジネスをもっと楽しむ方法知りたいですか?

仕事で副業がバレない方法

今回は、本業のお仕事には内緒で副業をしていたときにでも、副業が本業のお仕事にはバレない方法についてお話をしていきたいと思います。

本業でお勤めされている仕事では副業は禁止されているでしょうか?
公務員をはじめ、一般の多くのお仕事では就業規則にのっとって副業が禁止されていると思います。

副業禁止か確認するためには、その会社の就業規則で副業が禁止か確認すればいいだけのことなのですが、あなたの上司の方に就業規則を見せてと言っても、言いにくいでしょうし、言ったら言ったで、ほぼ全員の方が「なんで?」と答えられてしまいます。きっと私でも「なんで?」と答えてしまうでしょう。笑

単純に気になるからとの理由もあるのでしょうが、あなたが副業するかどうかは、正直なところそんなに気にならないと思います。就業規則をみられることで、有給休暇や福利厚生についてなど従業員にはあまり見られたくない部分もたくさん書いてあるので、就業規則はみられたくないのが会社の気持ちです。

ただ、副業をしていると本業の仕事に支障がでないことを懸念されたり、会社の情報を流出させてないか疑いをかけられてしまう場合もあって、副業辞めろプレッシャーもかけられたりと、できれば副業をしていることは内緒にしておきたいと思います。

でも、副業を内緒にしていても、バレてしまう場合があります。

なぜバレるのか?

それは、住民税関係の調査しているときに会社の経理に額がおかしいと思われて、そこで副業がバレてしまうわけなのです。

ただ、額がおかしいから疑いはかけられますが、ただ、この時点ではまだ副業をしていることはバレていないわけです。

住民税の決定通知書でわかるのですが、額面がおかしいのだけあって、なにでどれくらい収入を稼いだのか詳細はかかれていないので、実際にはあなたが副業をしていることさえ白状しなければ、会社側は副業していることはわかることはないのです。

せいぜい、株か、投資信託でもやっていると言えば納得されるでしょう。

副業を基本に採用している会社でも公務員は禁止されていたりします。
給与が税金なので、一般のお仕事よりも理解されにくいのでしょう。
副業に厳しい公務員ですら、株や投資信託は許されています。

それに、いちいちそれすらバレるのが嫌でしたら、副業で稼いだ収入分は自分で確定申告すれば、収入額もおかしくなくなり、なにも疑われることはなくなります。

ただ、副業といってもサービス業や対面販売は避けたほうがいいでしょう。

偶然バッタリの可能性があって、事務系で隠していたことが明るみになってしまいます。

副業とはいっても肉体労働や在宅系、内職とさまざまあります。

それぞれ、興味のある副業や自分に合いそうな副業にチャレンジしていけばいいのですが
あえて、私が副業として取り組むオススメの仕事があります。

それは、ネットワークビジネスです。

成功して夢を実現しやすいサイドビジネスの中の1つがネットワークビジネスだからです。
ネットワークビジネスは権利収入ですので、稼ぐまでは、とても大変で本気にならない限り成功することはとても難しいですが、成功して収入を稼ぐと、仮にあなたは何もしなくても収入を手にすることができます。経済的豊かになるのはどのサイドビジネスにも共通していますが、時間的にも豊かになるので、とても魅力の詰まったビジネスなのです。

結果を出せば、サラリーマン時代には味わえない経済的にも時間的にも豊かな生活を送ることができて自由な人生を送ることができます。

成功者がいるいっぽうで、頑張ったけど結果が報われずリタイアする人もいます。
とても魅力なビジネスで楽しみながらやりましたが、人脈もつき、活動費に回せるお金もなくなったり、ビジネスを勧誘するにしても口下手でうまく話すことができず途中で挫折してしまった人も少なからず存在しています。私も、その1人でした。
しかし、直接あってビジネスの話をすることは難しくても、インターネットを使って集客する方法をみつけました。いまは、私も愛用して使わしてもらっています。

↓↓↓気になる方はこちらをクリック↓↓↓

いかがでしたでしょうか?ここまで


仕事で副業がバレない方法

読んで頂きありがとうございした。