あなたも教育費貧乏になりかねない!早めの対策はインターネットビジネスで

家にいながらインターネットビジネスを成功させる方法
計算違いで教育費貧乏に。。

公立、私立で教育費もだいぶ違うのはみなさんご存知ですよね。

実際、教育費にいくらかかるのか知らない人が以外と多いんです。

教育費が以外とかかり教育費貧乏になんてパターンも。

子供が産まれたら、教育費貧乏にならないよう対策は早めに考えましょう。

まだ、子供も小さいしまだ準備しなくても。なんて考えは×

まずは学資保険で対策を。

学資保険も、親の年齢、もらえる給付金、もらう時期

などによって毎月の金額も違ってきます。

保険によっては、けがや病気もカバーしてくれるので、

しっかりリサーチしてから加入して下さい。

教育費は幼稚園から大学まででざっと1000万円

しかもこれは全て公立、大学も国立の場合です。
※給食費、習い事などを含む

公立なら大丈夫と思っていても以外とかかるんです。

公立でも教育費を準備するのは大変な事です。

ざっくり計算すると、平均年間55万円。

ですが幼稚園は基本かかる金額も低く年間25万程。

高校や大学などに上がる程教育費も上がってきます。

大学に関しては国立でも、年間130万。

本当に教育費にはお金がかかります。

子供が2人いれば教育費は2倍、、

早めに対策をしなければ教育費貧乏まっしぐらです。

公立でこの教育費なら私立はいくら準備すれば?と怖くなりますね。

私立の場合の教育費は、幼稚園から大学で、2300万円程

軽く倍以上はいきます。

教育費にこんなに準備できそうですか?

子供を育てるには、教育費以外にも養育費もかかり、

養育費でさえも、0歳から22歳まで子供の面倒を見る場合

なんと、、、、、

1600万円強と言われています。

果てしない額ですね。

子供を育てるというのは大変な事。

子供に不自由させないように、親がしっかり対策するしかないですね。

子供にかかる教育費や養育費になんとなく想像はつきましたか?

だからと言って、簡単に収入は増えません。

22年間毎日節約する訳にはいきません。

では、教育費貧乏にならないにはどう対策したらいいのか。

今は良くも悪くもインターネット時代です。

時間や場所に縛られないインターネットビジネスで、

本業以外に収入が得られれば、教育費をカバーできますね。

完全在宅ワーク!インターネットビジネス成功法とは