税制改正でもネットワークビジネスの権利収入、相続税は変わらない!

インターネットでネットワークビジネス!自宅いながら成功へ近づく方法

a1640_000328.jpg

平成27年1月1日から税制改正がも始まります。

企業にもよりますが、ネットワークビジネス権利収入

子供、配偶者などに相続する事が可能です。

ネットワークビジネスを検討中の方などは、

会社選びの時には規約のチェックを忘れずに。

そこで気になるのが、

税制改正に伴い、権利収入相続税は変わるのか。

まず、税制改正で何が主に行われるのか確認しましょう。

相続税なんて自分には関係ないと思う方、これからもそうとは限りません。

税金を払うのは国民の義務。

とはいえ、消費税も上がり、給料が増えない。

そんななか、平成27年の1月1日から税制改正

改正後の相続税は大増税です。

なぜ、今まで関係ないと思っていた方にも関係するかというと、

改正により課税対象が拡大されます。

これまでの相続税

「5000万円+1000万円×法定相続人の数」以下

相続については基礎控除があり、課税対象から外されていました。

それが平成27年からは、

「3000万円+600万円×法定相続人の数」以上

が課税対象になってしまいます。

という事は基礎控除が4割も削減されるという事です。

首都圏に一軒家を持っている方、金融資産が数千万円ある方、

などはすぐに超えてしまう金額なのです。

ただ、同居や相続の仕方(一次相続・二次相続)でも、

大きく減税出来る方法もあるので事前に調べておく事をオススメします。

では、ここで権利収入に話を戻しましょう。

簡潔に言うと、権利収入に対し改正前も改正後も相続税はかかりません。

なぜかというと、そもそも権利収入相続出来るのは「権利

ネットワークビジネスで自分がいたディストリビュターの地位。

もちろん、今までネットワークビジネスで得た収入には相続税がかかります。

権利収入権利はすごく魅力的だと思いませんか?

権利を引き継ぎ継続してくれた、

相続税もかからず、相続した後も収入が発生する。

この相続もできる権利収入を目標に、

ネットワークビジネスを頑張っている方も多いのではないでしょうか。

インターネットでネットワークビジネス!自宅にいながら成功に近づける方法