定年後あなたはどうする?!ネットワークビジネスで老後の備え!

夢の権利収入!ネットワークビジネスで成功するための秘訣とは

a0001_017437.jpg

現在は20歳〜60歳に年金の支払い義務がある国民年金。

その期間を更に5年延長し、65歳まで引き上げる案があり、

早ければ、平成27年には国会に提出される見込みです。

60歳で定年を迎え退職を考える方は退職後も支払うのか。

なぜ5年も支払い期間が引き上げられるのか。

「改正高年齢者雇用安定法」が成立し、現在は各企業に、

次のうちいずれかが義務付けられています。

定年をなくす
定年を65歳まで引き上げる
定年後再雇用制度を導入する

企業にとって人件費負担を最も少なくできるのが、

定年後再雇用制度」であるため、

定年後最雇用制度を導入する企業が増えてきています。

更に継続雇用を希望する全ての人に平成25年4月から、

65歳までの再雇用が義務化されています。

しかし、この定年後「再雇用」という継続雇用ではなく、

「新たな雇用契約の締結」となるため、

定年前と再雇用後では労働条件が異なる場合が多く、

60歳からの再雇用では収入は減ると考えるべきです。

そんな中、年金の支払い期間引き上げはやはり痛手です。

収入源を得なくては老後に不安が。

実際全ての方が定年後65歳まで働く訳ではないでしょうから、

日本は少子高齢化も進み、今後の事を考えれば、

現実として、年金支払い期間引き上げも仕方ないのかもしれません。

年金支払い期間が延び、老後にもらえる年金額が少し増えても、

それでも老後の備えは万全ではないでしょう。

老後の生活では一ヶ月の支出は年金の受給額よりも上回り、

貯金を崩しながら生活している人が多いでしょう。

そのため老後の備えは、自分でしっかり計画して下さい。

老後に苦労しないためにも、

老後のために今から備えましょう。

ネットワークビジネスは権利収入です。

老後も収入が入れば、老後の備えには万全ですね。

インターネットを使ったネットワークビジネスでは、

時間や場所に縛られる事もなく、自分のペースから始められます。

今からネットワークビジネス老後に備えるのもひとつの手です。

夢の権利収入!ネットワークビジネスで成功する秘訣とは