介護人口世界一、老後破産をネットワークビジネスで生き抜く

完全在宅◎インターネットでネットワークビジネスの始め方

 

thumb.jpg

日本の介護人口世界一です。

平均寿命も世界一長い国。

世界からみても日本の少子高齢化はずば抜けています。

15歳未満の子供と60歳以降の人口の割合は、

15歳未満はたったの13%に対し60歳以上は32%います。

これは世界194カ国の統計をとりランキングで見ると、

15歳未満の人口  世界192位(同率最階位)

60歳以上の人口  世界一

日本の平均年齢は世界一高く46歳

恐ろしい数字です。

介護人口世界一という事は健康でないという事になります。

例えば日本の健康寿命は?

男性が72.3歳・女性が77.7歳。男女平均で75.0歳

男性7.7歳・女性9.3歳それだけの年数を「介護が必要な状態

で過ごすということになってしまいます。

介護費用で老後破産する人も増えてきているのが現状。

老後破産しないためにはどうしたら良いのか?

例えば、夫婦2人で65歳から18年生きたとします(平均寿命)

毎月の生活費の平均が242,000円です。

242,000円×18年=4356万円

老後は収入が年金だけになる人も多くいます。

貯蓄が少なければ老後破産します。

親が老後破産になりそうだったら助けられますか?

更に介護人口世界一とうい事は、

介護しないといけない確率はかなり高くなります。

介護には、労力、時間、お金様々かかります。

先ほどの金額はあくまでも生活費です。

介護資金はまた別になってきてしまいす。

親が自分で切り抜けるのか、子供がサポートするのか。

老後破産はこれからの大きな課題になりそうです。

貯蓄を増やすのも親を面倒みるのも、今の収入では難しいという方。

収入を増やすために何かしていますか?

副業や、転職。

考えても、現実に動けずにいる人って以外と多いんです。

まず、何をしたらいいのかわからない。

という方がダントツです。

自宅で簡単に始められるなら始めやすいと思いませんか?

インターネットの普及が伸び続ける今、インターネットを使う事は有効だと思います。

インターネットを使った、在宅ビジネスは沢山ありますが、

老後の事を考えると、ネットワークビジネスは魅力的です。

魅力の一つは権利収入でしょう。

権利収入があれば、年金以外にも収入が得られる。

老後の安心に繋がります。

完全在宅◎インターネットでネットワークビジネスの始め方