配偶者控除廃止で主婦の働き方が変わる?在宅ワークで時間の有効活用

自分で自由になるお金が30万円ほしい主婦の在宅副業

ピンチをチャンスにする方法はすぐそこにあるのかも?

 

配偶者控除廃止になるかもしれません。

配偶者控除を考えたうえで働く主婦の方は多くいます。

配偶者控除について、しっかり理解されていますか?

「103万円の壁」「130万円の壁」「141万円の壁」

「103万円の壁」はよく耳にすると思います。

主婦が働き、配偶者控除を受けるには、年収を103万円以内に収める。

主婦が103万円以下で働く夫のメリット

所得から所得税38万円、住民税33万円の控除を受けられる。

配偶者控除を受けることによって夫の所得税と住民税が安くなります。

例えば、所得税率が20%の場合、所得税から引かれる金額

38万円×20%=7万6,000円

住民税は一律10%なので、

33万円×10%=3万3,000円

が本来払う税金よりも安くなるのです。

103万円を超えた場合、配偶者控除を受けられなくなってしまいます。

ですが、『配偶者特別控除』というのがあり、

税法上は収入が103万円を超えても141万円までは、

配偶者特別控除で段階的に控除が受けられます。

(夫の年収が1000万円以上の場合を除く)

主婦の収入が141万円を超え初めて配偶者特別控除もなくなります。

これが「141万円の壁」です。

実際、130万円を超える場合、160万円以上を働かなきゃ、

税金の負担額から計算すると損してしまいます。

社会保険料などの負担が出る事から「130万円の壁」といわれる。

損をしないよう配偶者控除内で働いてる主婦の方が多い現状。

ですが、、、

家庭の味方である、配偶者控除の廃止が検討されています。

ですが幼い子供を抱え、育児と家事を行いながら時間に追われ、

家計の足しにと、パートタイムで働いている主婦は?

親の介護をしながら、少ない時間でパートで家計を支える主婦は?

実際100万円を超える働き方をするのは難しい場合も多く、

時間を作れない家計にとって、配偶者控除の廃止は、

単なる増税にしかならないのです。

夫の収入が4、500万円の家庭の場合配偶者控除廃止により、

年間6万円程税金が増えます。

今後配偶者控除が廃止になったら?

収入を増やさないと損をしてしまいます。

ですが、実際収入を増やすといってもそんな時間はありますか?

子供が小さい家庭はその間、保育園に。

保育園代に、税金分、どれだけ働けばプラスに、、

例えば、家事育児をやりながら在宅ワークで収入が得られたら。

在宅ワークなら自分のペースで出来るので、時間の有効活用ができます。

主婦の味方に在宅ワークはなってくれるかもしれません。

賢く在宅ワークでビジネスをしてみてはいかがでしょうか。

自分で自由になるお金が30万円ほしい主婦の在宅副業