ネットワークビジネスの確定申告のポイント

家に居ながらできる!ネットでネットワークビジネスの成功法

 

ネットワークビジネスにも確定申告は必要です。

ネットワークビジネスは企業の商品を扱っていますが、

あくまでも個人事業主に値します。

なので会社が行ってくれる年末調整はありません。

全て自分で管理し、確定申告をする必要があります。

毎年1年間(1月1日~12月31日) に得た所得から必要経費を差し引き、

その残りから納税額を計算して、

税務署に自主申告することになっています。

 

確定申告をする必要がある人
・ネットワークビジネスを専業で行っていて、
所得(収入-経費)が年間に38万円以上あり
源泉所得税を引かれていない人

・副業でネットワークビジネスを行っていて、
ネットワークビジネスでの所得だけで、年間に20万円を超えた人
※20万円を超えなくても、住民税は発生しますので、
税務署への申告ではなく、市区町村の税務課にはきちんと申告しましょう。

 

確定申告の必要がない人
・ネットワークビジネスでの収入が得られなかった人
年間所得が38万円未満で 家族の扶養に入られている人

 

  【確定申告をした方がいい人
・源泉所得税が引かれている人。
年間の所得を合計すると、経費が計算されていません。
なので、源泉所得税を払い過ぎている場合があるので、
お金が戻ってくる可能性があります。

 

特に副業でネットワークビジネスをやられている方。

会社にばれてはいけない方もいると思いますので、

住民税の申告は忘れないようにしましょう。

住民税が特別徴収(給与から天引き)の方は、

収入が合算され住民税が増え、会社が気づく場合もあるので、

自分で申告し、普通徴収で支払う事をオススメします。

ネットワークビジネスって大変だな。と思いましたか?

ですが、会社に縛られず自由に仕事ができます。

サラリーマンのメリット・デメリットがあるように、

ネットワークビジネスにもメリット・デメリットはあるので自分で理解しましょう。

ネットワークビジネスの一番大きなメリットは権利収入でしょうか。

メリットというか、目的、目標ですね!

家に居ながらできる!ネットでネットワークビジネスの成功法