定年後の分かれ道!リタイア貧乏にならないための『不労所得』

老後も安心!ネットワークビジネスで不労所得を得るための成功法

 

定年後リタイア貧乏が増えつつあります。

リタイア貧乏とは?

定年後に収入(年金を含む)が、現役時代より減り、

なのに生活が、現役時代と変わらない。

これでは支出と収入のバランスが崩れてしまいます。

定年後、現役時代と変わらない生活を続けていくには、

現役時代に蓄えた貯金は減っていくばかりです。

今は、65歳までの再雇用などにより、働ける年数は延びています。

ですが、その分年金の支払い期間延長や受給年齢の引き上げも。

5年働ける期間が延びても、支払いも5年増える。

更に60歳以降の再雇用の実態は、収入は半分以下という事も多く、

現実としては厳しいものかもしれません。

※収入の減り方によって雇用保険から補填ありなので要チェック

でもどちらにしても、これではリタイア貧乏になりかねません。

65歳まで働けても、日本人の平均寿命はとても長いのですね。

何もしなければ15年位は貯金と年金で暮らさなければいけません。

定年後どれだけ貯蓄が必要か?

あなたの入っている年金にも大きく左右されるでしょう。

厚生年金と国民年金では受給額は全く異なります。

リタイア貧乏になりたくなければ、定年後に心配し始めては遅いですよ!

定年する前から貯蓄を増やす事もとても大事です。

もちろん、頑張って毎月○万円、それ以上は。と貯金してきたでしょう。

収入源が増えなければ、貯金に廻す額も限られてきます。

毎日カツカツで生活してはもったいないです。

毎日楽しく、余裕をもって生活するためには?

☆収入源を増やす

もちろん副業などで肉体労働をすれば、すぐに月、4、5万は増えるでしょう。

労働収入は即金制があり、一時のためにはオススメですが、

肉体労働や単純作業などで本業後や、

休日などに時間を切り売りしながら副業で稼いでも、

今後、本業をしながら長く継続していくのは、

自分の将来性や成長性を考えると、

得策とはいえずオススメはできません。

定年後、長い老後の事を考えれば不労所得を、

獲得する事が出来れば大きなメリットがあると言えます。

定年後不労所得により収入が入り続ければ?

リタイア貧乏なんて関係ないですね。

もちろん不労所得定年はありません。

不労所得は老後や将来の保険のようなものです。

リタイア貧乏にならないための不労所得

不労所得で老後を楽しみ華やかに!

老後も安心!ネットワークビジネスで不労所得を得るための成功法