母子家庭が貧困状態、子供に与える影響は?在宅ワークが助けに?!

【必見】時間や場所に縛られない在宅ワーク、成功する秘訣

lgf01a201407090200

母子家庭の悩み。多くの子供が貧困状態にある現状。

日本には現在シングルマザーは100万人以上います。

母子家庭になってしまった理由は「離婚」8割

次いで「未婚」1割、「死別」1割未満。

離婚で母子家庭になってしまった人が大半です。

ですが、ひとくくりに離婚といっても理由は様々。

必ずしも自己責任とは限りません。

ですが、離婚により養育費を元夫から受けているのは、

たったの2割程しかいないのです。

未婚のまま、母子家庭になってしまう場合も。

近年増加傾向にあります。

では母子家庭が与える子供への影響は?

現在日本では、6人に1人の子供が貧困状態であると言われています。

6人に1人と聞くと多く感じませんか?

ですが、母子家庭の状況は更に深刻なもの。

2人に1人以上がが貧困状態なのです。

母子家庭には国からの支援も様々ありますが、

それだけでは足りず、貧困状態になってしまいます。

大きな理由は、「子育て中の母親」という変えられない現実です

母子家庭の場合、どうしても時間の制約はつきものです。

実家に帰る人もいますがわずか3割程だそうです。

なので仕事をしてもフルタイムで働けない場合が多いでしょう。

もちろん収入面に反映してくるので生活は大変です。

子供を塾に行かせてあげられない。

習い事を習わせてあげられない。

子供に不自由をさせたくない親心と現実で苦しんでしまう

シングルマザーは多いのではないでしょうか。

一緒にいてあげる時間も大切ですが、生活を考えると

仕事優先にならざる負えません。

では、時間や場所に縛られない在宅ワークなら助けになるかも?!

時間や場所に縛られないという事は、今の仕事をしたままも可能ですね。

在宅ワークなら母子家庭にもピッタリ!

色々選択肢を広げてみるのもいいかもしれませんね。

インターネットが普及している今、在宅ワークも様々あります。

是非、自分にあった在宅ワークを見つけてみて下さい。

在宅ワークで時間に制約されず心にもゆとりを持てたら幸せですね。

子供がいるから、、ひとり親だから、、

なんて考えは在宅ワークには必要はありません!

インターネットの在宅ワークで時間の有効活用、 その成功法とは