成功者は、自己投資を惜しまない。成功の秘訣とは・・

tetris-308443_640-300x180

自腹を切って何か学んだことは、とてもよく身につき、なかなか忘れないものです。

 

一方学校教育で学んだことは社会で役立っていると実感している人は、

おそらく大学の専攻が仕事に直結する人を除けば少ないでしょう。

 

その理由としては

「本当に必要性を感じて積極的に学んだわけではない。」

「両親に学費を出してもらって受け身的に学んだから」

のどちらかではないかと思います。

 

例えば、一般的な大学生はほとんど親からの仕送りで学校へ行き、お小遣いや生活費の一部をアルバイトで稼ぐのが一般的ですね。

ところが経済的・家庭の事情等で学費・生活費を自分で稼ぎ、大学へ行かなければならない生徒もいます。

 

そのような生徒は周囲から人目置かれ、成績も上位、部活やサークルでも目立つ存在のではなかったでしょうか。

 

私も大学時代は仕送りとバイトで生活をしていたため、部活には一生懸命でしたが、あまり真面目に勉強をしていた記憶もありません。

しかし社会人になり、専門知識を身に付けるため高いお金を出して情報商材を買って勉強したり、趣味で習い事を始めたりと結構な額を自己投資しておりました。

 

覚悟を決めて取り組んだことにはそれ以上の利益がある


 

不思議なことに自腹を切って、覚悟を決めて学んだことは何時までも忘れず、仕事面においても、短期間で飛躍的にスキルアップしたことを覚えています。

「代償を払った分だけの利益は必ず生み出そう」「元を取ってやる」と必死をこくからでしょう。

 

大学で学んだ4年間よりも社会人になってからの半年間のほうが学んだものが大きく充実していたといっても過言ではないほどです。

しかし、今振り返れば、仕事をしているだけでは決して得られることのない知識や人脈等を得たことを考えると高いお金を出してでも学んだ価値はあったと思います。

 

何かに覚悟を決め取り組んだことは必ずそれに見合っただけの、あるいはそれ以上の価値をもたらすものです。

 

ネットビジネスは積極的に取り組んだ人が成功する。


 

これは、ネットビジネスについても言えることではないでしょうか?

ネットビジネスは最初の一歩を踏み出すにとても勇気がいるかもしれません。

しかしそれに打ち勝ち、積極的に取り組んだ人が成功を手にし、豊な人生を歩めるのです。

 

ネットビジネスで成功し、権利収入で生活している人とは・・・