年金の減額は違憲?鳥取県の受給者が「”生存権”が脅された」と提訴。でも若者の将来は」。。。?

fuan

今朝ヤフーのトップニュースで、この様な記事がありました。

鳥取県に住む年金受給者24人は「年金減額違憲!」と、年金の減額取りを取消する様に鳥取地裁で訴訟を起こした。」とのことです。

国は本来より高い特例の水準を解消する為に、2013年から三年を掛けて公的年金の2.5%減額を決定しましたが、それに不満を思った年金受給者24人は「”生存権”が脅される」という理由で訴訟を起こし、さらに原告弁護団によりますと、特例水準解消に伴う「年金減額の取り消し訴訟」は今回で全国初めてだそうです。

年金制度が破綻している今の時代、この様な訴訟は今後さらに増えていくでしょう。そのため、今回の訴訟事件は非常に注目される事件となったのですね。

しかし、下のコメントの反応を見ると、意外にこの訴訟に対して”反対”している、あるいは”支持出来ない”という意見が多いです。

「少子高齢化で若い世代年金が貰えない可能性が高く、”生存権”がさらに危ないのに贅沢言うな!」とのコメントが多いです。

しかし、年配の方々から見ると、若い頃はしっかりと年金を払っているのに、年を取ったら貰えるべきの年金を貰えないなんて当然納得出来ませんね。

今でも使っている年金制度は、高度経済発展期に作られてシステムですので、経済状況が段々と下がっている不景気な今の時代では、当然適用されなくなり、破綻する事になります。

よって、若者たちはこの訴訟を見て、将来年金を貰えない可能性が高い事については、色々と”無駄使い”や”ばら撒き”をしている政府や政治家達に不満を表すべきのは当然ですが、その他に「今のままでは危ない、何か新しい方法を探さなきゃ!」と危機感を感じるべきでしょう。

昔は正社員で長く働いていれば、退職後は退職金や年金で悠々で暮らす事が出来たのですが、これからは非正規雇用の拡大や年金制度の破綻によって、それが一部少数の人しか”特権”になってきます。

そのため、今の若者は年金に頼るのではなく、自身で新しい収入源を作り、つまり「新しいビジネス」を始める様考えなければなりません。

しかし多くの若者は非正規雇用にしても、ほぼフルタイムで働いたり、サービス残業したりしていますね。よって、新しい会社に仕事を応募したり、新たな職場でパートやアルバイトを始めるのはほぼ”不可能です”。体力や精神的にはきつい、何より多くの職場は”副業”を禁止しています。

よって、私は新たな職場を探すのではなく、家でパソコン一台で行える、いわゆう「在宅ワーク」を行っており、将来権利収入を得えるシステムを建築しています。

 

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは