国の借金(国債)は1024兆9568億円?!その原因を国民のせいにする政治家と報道陣。

下載
今朝あるニュースがネット上で報道されました。
それは見出し「国の借金が国民一人当たり800万円」だというのです。

その内容は財務省は9日、国債や借入金などの「国の借金」を合計し、その額はなんと1024兆9568億円にも達していると発表しました。

そしてその記事のみではなく、多くの報道では「なので国民一人当たり800万円借金があります。」と表現しています。

原因については「高齢化に進み社会保障負担が~」「医療や年金の負担が~」などなど、色々と”言い訳”をしておりますが、その様な記事を見て多くの国民は「はあ?何を言ってるの?」としか思えないでしょう。

そもそも社会保障などの問題を解決する為に、消費税上げたり、社会保障負担額を上げたのではないでしょうか?

公務員の給料やボーナスを速やかに上げる余裕がありますなら、高齢化による介護問題や社会保障問題はとっくに解決している筈ですね。

税金を上げたのに「お金が足りない!「国の借金がまた膨らんている!」という事は、明らかに国のトップのお金の運用システムに問題があるでしょう。

もし本当にお金が足りないなら、真っ先に過剰な公務員や議員の人員を削減したり、貰い過ぎの給料やボーナスを減らすべきです。

国家のお金が足りないなら、”税金”で食べている公務員や議員の給料やボーナスを減らすべきです。なぜなら民間企業で働いている一般市民は税金でご飯を食べていません。

「税金を支払うのは国民の義務!」と口酸っぱくいっても、国を管理している人達が上手くお金を管理していない上に”無駄使い”をしているなら、いくら「納税は法律が決まっている国民の義務」と宣伝しても国民は納得出来ません。

国民が毎日汗水たらして働いて税金を納めても、国を管理している人達が無駄使いをしていたら、国の借金は当然膨らむ一方です。

よって、今回の発表された記事は、正解は「国民一人当たり」で表現するのではなく、「”政府”の借金」だと表現するべきでしょう。

この1024兆9568億円の借金はしっかりと税金を納めている国民が作ったのではなく、無駄使いをしている”政府”が作ったのですから。

そのため、政府は様々な報道を利用して自分の無駄使いによって作り上げた借金を国民や社会のせいにするのではなく、今までのお金の運用管理のシステムをもう一度見直しして、様々な無駄使い削減したり、減らすべきでしょう。

それをしなければ、不景気は続き、国(政府)の借金もいつまでも解決する事は出来ません。

しかし、今のままでは、政府に解決を頼る事は出来なさそうえすね。国民の一人一人が自身でなんとかして自分や家族の生活や未来を守らなければなりません。

現に私も将来生活での保障となれる”権利収入”を入手出来る為に、今在宅でパソコン一台で行える「在宅ビジネス」を行っております。

 

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは