ブラック企業はキャッチコピーでわかる!?アルバイトの採用から見える実態とは!?

a1380_001393

ブラック企業が批判されるこの時代。募集の際にはいろんなキャッチコピーが使われています。しかし、表があれば裏もあるように、キャッチコピーには企業の本音が隠されています。ブラック企業にありがちなアルバイトの採用情報をシェアいたします。

 

休憩がほとんどない長時間労働、理不尽な叱責が日常化している職場、こういった労働環境の会社はブラック企業と呼ばれています。インターネットの発達によって、少しでもブラック企業のイメージがついてしまえば、採用希望者に大きく影響が出てしまうようになりました。しかし、退職者は少なからずいるため、新たに雇う人は必要です。どうやって採用者を募るのでしょうか?

 

こういうときには多くの人が受け入れやすいキャッチコピーを使っています。よくあるフレーズを紹介していきますね。

「経験者優遇!」のフレーズからは経験者でも働き続けることができないような環境であることが示されています。経験者が優遇されるといった当たり前のことをキャッチコピーにしているのであれば、かなり裏があると考えて良いでしょう。

「履歴書不要!」というのは、これまでの経歴を一切みないということになります。つまり、何か過去にあった人でも採用するということになるので、そういったつながりになるときもあります。

このようにキャッチコピーが意味していることを考えてみると、ある程度職場の状況が予測できます。自分の時間を守りつつ稼げるように、募集先を選びましょう。

ただ、会社に依存して稼ぐことが今までの前提です。会社に労働時間を提供せずに稼ぐのであればこういったことは起きません。最近では、会社に依存せずにインターネットで稼いている人が増えています。特に、権利収入を作るために働いていますね。

ブラック企業に依存しない!権利収入を稼ぐ方法とは?