老後破産が急増中!他人ごとではない現実にどう対処するか?

権利収入で老後破産を回避する対処方法とは?

rougo

最近、老後破産という言葉が多く聞かれるようになったと思いませんか?

今や、6人に一人が生活水準を下回る生活をしているといいます。

65歳以上の高齢者人口は3,200万人を超え、人口の4人に1人は
高齢者となった超高齢化社会となった日本。

核家族化が進み、約600万人一人暮らしだといいます。

その半分に当たる300万人は、生活保護基準よりも低年収だそうです。

しかし、その中にも生活保護を受けられない世帯が7割近くの200万人も
いるとのこと。

この200万人の食べるのにも困る、そんな状態を「老後破産」と呼ぶのです。

高齢者の16人に1人が「老後破産」の状態にあるそうです。

多くの50代では「自分は大丈夫!」と思っていませんか?

老後の準備はどのようにしていますか?

例えば、退職金が2,000万円あるから大丈夫!

しかし、人生何が起きるか分からないのです。

もしかして、病気になってしまうかも知れませんよね?

意外なところでお金がかかるかも知れません。

勿論、貯金がない人なら年金だけでは暮らせないでしょう。

50歳過ぎたら、本気で将来のの事をシュミレーションしてみる必要がありますね。

例えば、定年過ぎてもしばらくはパートで働くという選択もありますが、
仕事がない、体力がない、など思うようにならないのが現実ではないでしょうか?

あなたも、老後破産から身を守りましょう。

あなたの毎月の生活費はいくらかかりますか?

80歳までの生活費は全部でいくらになりますか?

病気をしない自信はありますか?

そんな不安を解消する方法があるのです。

老後破産に陥らないためには権利収入が一番の得策では・・?

権利収入で老後破産を回避する対処方法とは?