自営業者は老後に不安がいっぱい!遺族年金は貰えるの?

自営業者の不安を解消するもう一つの収入源の作り方とは!!

hiseiki

自営業者は、老後に不安を抱えている人が多いようです。

自営業者は定年がないから、いつまでも働けると言いますが、
実際はどうでしょうか?

健康であればずっと働けますが、ずっと健康であるという保証はないのです。

年齢は正直です。いずれは体力や気力が減少してしまいます。

また、永遠に売り上げがあるとは限りませんよね。

時代の変化で、売り上げが落ちたりすることもありますから・・・。

いつリタイヤするかを考えて、事業を始めることも重要ですね。

 

自営業者は、国民年金ですから金額はきわめて少ないのです。

40年間掛け続けても約月6.5万円、夫婦で二人で約月13万円と言うことに
なります。

もし、途中で大黒柱の夫が亡くなった時、妻に遺族年金はないのです。

老齢厚生年金を受給していた夫が亡くなった場合は、妻に遺族年金
支払われますから、この差は大きいですよね。

自営業を営むときには、このようなことも考えて、退職金の準備は早めに
しておくべきです。

 

例えば、個人年金や国民年金基金で準備をするのも良いでしょう。

もし、そこまでの余裕がないのであれば、インターネットを利用するのも
良いでしょう。

インターネットビジネスをサイドビジネスとして取り入れれば、副収入を
得ることが可能です。

あなたは老後の準備は出来ていますか?

その時になってからでは遅いのです!

老後に戸惑うことのないように、今からでも準備が必要ではありませんか?

自営業者の不安を解消するもう一つの収入源の作り方とは!!