台風や大雪で電車が止まっても遅刻するな?!仕事を休みたくても休めないサラリーマン達。

yuki

「冬の朝は寒くて布団から出たくない!」
皆さんこの様な経験一度はあるでしょう。

真冬の朝は冷たくて寒いですね。
特に西北地域や関東に住んでいる地域など寒い上に「」が降る可能性
もあります。

基本的に雪道や凍結路面はどんな車やどんなタイヤを使っても滑り易く
なりますので、十分な装備(滑り止めのタイヤチェーン・スタッドレスタイヤ等)
をして気を付けて運転をしないと「事故」を起こしてしまう可能性は十分高いです。

それに例え歩くにしても凍結した路面は非常に滑りやすくなおかつ硬いですので、
もし滑って転んだりしましたら捻挫したり、酷いときは骨折してしまう可能性
があります。

そしてサラリーマンやOL、会社員など「仕事」に行く人にとって一番重大
な問題はやはり様々な交通機関の運行状態ですね。
学校通いの学生でしたら何かしら適当な理由を付けて休むことは出来ます。
(余り良くない事ですが・・・)

しかし、会社から給料を貰っているサラリーマンなどの人達はそうは行きません。

会社から給料を貰っているので、余程の理由が無い限り(インフルエンザに
掛かったり、両親が他界で葬儀に参加するなど)例え台風でも大雪でも電車が
止まってしまった「時間通り」に出社しなくてはなりません。

特に関東圏に住んでいる人達は非常に大変ですね。
電車の遅延運休などを想定して普段より一時間、二時間早く家から
出なければなりませんし、例え出社時間に何とか間に合っても、退社時間
に電車が止まってしまったら家に帰る事が出来ません。

毎年台風大雪の時期に電車が止まった事によって、駅が大混雑になって
しまったというニュースが報道されますね。

そのため、台風や大雪は毎年サラリーマンなどの人達にとっての”悪夢
になります。

ところで、今はパソコンやスマホ、更にプリンターやファックスなどの
通信機器が多くの一般家庭にも普及している時代。

よって、在宅でパソコン一台でビジネスを行うのは今はもはや珍しい事ではありません。

もし在宅でしたら台風や大雪などによって交通機関の運行も気にする必要
もありませんし、何より「事故」を起こしてしまう可能性を最大限に
避ける事が出来ます。

現に私自身も今在宅でパソコン一台で出来る副業を行い、将来生活に困らない
程の権利収入・不労所得を入手出来るシステムを建築しています。
(権利収入・不労所得)は労働収入と違い、例え病気や事故に遭って働け
なくても「自動的」に収入を得える素晴らしいシステムとなっております。

すなわち、生活での「保障」になりますね。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは