自営業者の独り言!老後の年金っていくら貰えるのだろう?

自営業者の不安を解消するもう一つの収入源の作り方とは!!

sigotoutu

独立したいと始めた自営業の仕事。

夢は叶ったけれど、老後の年金ってどれだけ貰えるのかな〜〜??

こんなことを考えたことないですか?

バブル頃、自営業者は儲かっていましたよね。

出す店、出す店、そこそこ売り上げは上がっていたでしょう。

儲かっていれば貯金も出来、将来の不安もないでしょうが、バブル崩壊で
すべてが狂ってしまったのです。

老後の年金についてみてみると・・・

厚生年金に入っていない全ての自営業者は国民年金に加入しなければなりません。

例えば、厚生年金に加入していない会社の従業員も国民年金に加入しなければ
なりません。

国民年金は20歳から60歳までかけなければいけません。

40年しっかり納めた場合、月の貰える年金は約65,000円程度です。

もし納めていない期間があれば、そこから引かれてしまいますよね。

また、何年間か厚生年金に加入している期間があれば、国民年金+厚生年金と
なります。

厚生年金を40年かけた人と、国民年金を40年かけた人では勿論貰える金額も
違ってきます。

厚生年金は国民年金に比べ保険料が高いので、厚生年金を40年かける方が
年金額は当然多くなります。

自営業者年金額を増やすには、国民年金基金や個人年金といった方法が
あります。

しかし、いまの厳しい社会状況の中で国民年金基金や個人年金にまで手が
回るでしょうか?

しっかり老後を考え準備出来る人は、今からでも準備した方が良いですね。

もし、そんな余裕なんてないよ!と言う人は別の方法を考えましょう。

自営業者の場合、もし事業主が病気になったらどうしますか?

仕事が出来なくなってしまいませんか?

当然、収入が入らなくなってしまいますよね。

もし、もう一つの収入源があれば救われませんか?

自営業者の不安を解消するもう一つの収入源の作り方とは!!