お医者さんでも副業収入が欲しい!?イメージとは違う実情とは!?

a1380_000513

高収入の職業の代名詞でもあるお医者さん。そんなお医者さんでも収入に苦しんでいるようです。あれだけ高い報酬を得ているにも関わらず、なぜ副業を行っているのでしょうか?その実情に迫ります。

 

お医者さんと呼ばれるのは医師資格を持つ人です。医学部を卒業し、国家試験に合格した人だけが名乗れる職業です。また健康そのものに関わる職業として高いレベルの知識、技術が求めらるため、その分収入も大きくなることが知られています。しかし、お医者さん向けのアルバイトサイトなどに見られるように医師向けの副業も増えてきています。一体何が起きているのでしょうか?

 

まず考えられるのが、病院勤務では充分な報酬が得られなくなったことでしょう。お医者さんといえど、働く病院を決めるための「就活」を行います。もちろん、福利厚生や収入が良いところは倍率もあがるのでどうしても希望の病院に行けないということがあります。そうすると、卒業後の研修医での給料では生活に手一杯で待ち受ける奨学金の返済などに対応できなくなってしまいます。そのため、アルバイトとして当直勤務をこなす必要が出てくるのです。

 

また、医学部の入学易化に伴って開業医が増えてしまったことも原因の1つです。開業医が多くなることで今まで独占的に得られた患者が少なくなってしまい、収益が減ってきているのです。それでも医療事務を代行する人や看護師に給料を支払わなければならず、そこで副業として別の収入源が求められているのです。

 

ただ、お医者さんのアルバイトは普通のアルバイトと違ってかなりの高収入になります。普通の人でもそういった高収入の副業を実現するにはかなりの労力が必要です。結果をだすために、今から学んでおきましょう。

お医者さんの副業収入と同じくらい稼ぐには?