「生活が苦しくて貯金が出来ない?!」初めて貯蓄率がマイナスに転がる日本!それを解決するためには・・・ 

chokin

多くの日本人貯蓄が好きですね。
特に結婚し、子供を所持している家庭は
「子供に良い教育を受けさせたい!」
「子供に良い大学に行かせたい!」
「子供の将来の結婚資金の為に貯金する!」
などなど、「子供」の将来の教育、結婚、生活での資金の為に、親自ら
質素な生活を送りながらコツコツと貯金をしています。

ところで、今までは質素な生活を送れば、ある程度の貯金は出来るのです。
しかし今後は例え節約したり、素朴な生活を送っても、まともに貯金
出来ない可能性は高いです。

内閣府が昨年に公開した2013年度の「国民経済統計」によりますと、家計
貯蓄率が初めて”マイナス”に転がったという事です。

貯蓄率マイナスという事は、多くの人は収入以上に消費をしており、
貯金が出来ず、貯蓄を崩して生活したり、あるいは最悪「借金」
作ってまで生活をしているという事ですね。

貯金が出来ないと、将来の生活は色々と不安になります。
特に今は年金制度破綻し、終身雇用も殆ど残っていない時代です。

不景気が続いている中、どの様に貯金(蓄)が出来るかは重要な
課題となっています。
節約や素朴な生活を送っても貯金(蓄)が出来ないなら、残るのは
新たな収入源を作る」という方法しかないですね。

しかし、「新たな収入源を作る」と言っても、そう簡単に出来る訳
ではありません。
特にフルタイムで働いており、更に”副業を禁止”している会社で
勤めている人でしたら、とてもアルバイトやパートを行える時間
や体力なんてありません。

よって、会社勤めの副業を行えないのなら、”自身”ででビジネス
を行うしか方法はありません。
今はパソコンやスマホが普及し、家でパソコン一台のみ使い、
インターネットに繋げてビジネスを行うのはもはや珍しい事では
ありません。

実際私も今現在在宅で出来る副業を行い、将来生活に困らない程の
権利収入・不労所得を得えるシステムを建築しています。

将来生活に困らない程の権利収入・不労所得を得る方法とは?