子供を持つのは「不安」の始まり?!心配不要!子供一人当たり3千円貰えます(笑

kodomo

消費税増税に伴い、経済対策(子育て対策)として、今までは子供一人
当たりに”1万円”を(臨時特例給付金)として、支給していました。

しかし今後、その支給額を1万円ではなく、「3千円」に引き下げる様です。

消費税を上げ、議員や国家公務員の給料やボーナスを上げ、その一方で
介護報酬や子育て支援金が下がる・・・
果たしてこの様な現象を納得出来る人はそれぐらい存在しているでしょうか?

そもそも一年に3千円で一体何の助けになるのでしょうか?
子供のお子遣い程度の金額では、子育ては出来ません。

3千円の”ばら撒き”総額より、そのばら撒きの手配を行う為に必要な
「事務費」の方が遥かに高額でしょう。
つまり政府や政治家は自身の懐を肥やす為に国民の負担を強めるだけではなく、
莫大な費用を費やし、ほぼ「効果の無い無駄なばら撒き」を行っているのです。

子供一人居れば年に3千円貰えるのか?では頑張ってもう一人子供を
作ろう!」
この様に思う人はほぼ居ないでしょう。
少子化対策にしても、まったく意味の無い政策となります。

そのため、私は政府や政治家、役人の政策のみ期待するのは非常に危険
だと思います。
やはり自分自身で「何とかしなくては・・・」と思う必要がありますね。

この様子から見ると、将来「少子化問題」を解決出来る子育て支援や政策
が出で来るのはまだまだ先の事になるでしょう。

今はパソコンやスマホ、FAXやプリンターなど様々な通信機器が普及
している時代です。
殆どの人がインターネットを使っている中、在宅で仕事を出来るのはもはや
珍しい事ではありません。

よって、政治家達の出している政策を期待するより、自身でどの様に在宅
でパソコンやインターネットを使ってビジネスを行うかを考えた方が確実に
希望があると思います。

特に子供がまだ幼く、常に見放せない頃はなかなか仕事に出掛ける事は
出来ませんね。

もし在宅でパソコン1台で行える”副業”を行えば、決まった時間に会社に
行く必要が無くなり、子育てや家事が終わった与暇にビジネスを行う事
が出来ます。

実際私も現在パソコンで在宅で出来る副業を行い、将来生活に困らない
程の権利収入・不労所得を入手出来るシステムを建築しています。

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは