老後も働く必要がある?!将来生活の不安を解消するためには・・・?

rougo

今の時代、社会全体の健康意識が高まり、衛生環境や医療技術の進化によって、
人々の平均寿命が高まっており、さらに「健康寿命」も昔より延びている事に
なってますね。

それによって、50歳、60歳になっても働き続けると言う人も増えている様
です。

厚生労働省の調査によりますと、「60歳以上の常用雇用者」は2005年は約
100万人でしたが、2013年になりますと、その数はなんと250万人までも
増えて居る様です。

定年後にも働き続けると生活にメリハリが出ますし、生きがいも感じる事
が出来ますので、多くの年配の方は毎日楽しく働き続けていますね。
私自身もそれは非常に良い事だと思います。

しかし、働いている年配の方は”全て”「働きたくて働いている」訳では
無い様ですね。

特に不景気が続き、住宅ローンや年金制度の破綻問題が相次いており、さらに
老後破産」「老後貧乏」と言う言葉が注目され始めている現在、「引退
すべき年齢になっても、生活が苦しいから働き続けている」と言う人も
少なくない筈です。

そうなりますと、経済的に余裕があり、”生きがい”を感じる為に働いて
いる人とは訳が違いますね。
年齢を重ね、体が段々と不自由になっていく中、ゆっくり趣味や娯楽を楽しむ
暇も無く唯バリバリと働き続ける必要のある老後生活なんで、非常に大変で
なおかつ悲しい事になります。

その調査での記事には、老後も生きがいや生活にメリハリを感じる為に、
「どの様に引退後も働き続けられるのか?」を説明しているのですが、
私はその前に「どの様に引退後に働かなくても経済的に困る事なく、余裕
のある生活を送れるのか?」を説明すべきだと思います。

生活をしていく上に経済的に不安が無く、健康をしっかりと維持する事が出来、
さらに趣味や娯楽を楽しめる「ゆったりした生活」を送れて初めて「生きがい
のある仕事」を勤める事が出来るのです。

よって、私はこのインターネットが発達し、パソコンやスマホが普及している
時代、在宅で出来る副業を行い、将来生活に困らない程の権利収入・不労所得
を入手出来るシステムを建築しています。

権利収入・不労所得は例え病気や事故に遭う事によって働けなくなっても、
自動的”に収入を得える素晴らしいシステムとなっております。

将来生活に困らない程の権利収入・不労所得を得る方法とは?