ヘルパーの仕事は賃金が安いけど副業としてはやりがいがある?!

ヘルパーの需要は増えていますが収入は増えてないようです!

ヨット.jpg

現代日本のような高齢化社会においては必然的に介護の需要が高く、ヘルパーの労働力はなくてはならない存在です。

しかし、その反面仕事は体力が必要だったりして結構きつい割には賃金が予想以上に低いことから、副業を考えている人や実際にやっている人も多く、逆に副業としてヘルパーをしている人もいて特に賃金面では問題が山積みのようです。

実際に全国で介護などのヘルパーをしている人は12万人を超えているようですが、その中で登録型ヘルパーの7割は月収10万円未満という調査結果が出ています。

この賃金が安い一つの理由に時間配分がうまくいかず仕事と仕事の間に空き時間ができてしまうことがあり、空き時間は業務としてカウントされないという問題があります。

また何件か行く場合の移動時間も業務としてカウントされないとうケースが多いようで、この問題については厚生労働省が通勤を除く移動時間は業務とみなすよう事業所に求めているようです。

これ以外にもよくある問題として、相手が高齢者ということもあり急に病院に行くなどの理由でドタキャンが多いそうです。

もちろん業者としては一定のキャンセル対応はするべきだと思いますが、ヘルパーさんに対しては何らかの補償をしてあげるべきではないかと思います。

いずれにしてもこの問題全体としては今の日本の現状を考えた場合、今後ますますヘルパーの需要が高くなるのは眼に見えているので、国として早急に対策を打つべき課題だと思います。

自分に合った最適な副業が必ずあるはずです!

このヘルパーの仕事は一日に数時間程度なら働けて介護が好きな人にとっては本業ではなく副業として考えた場合、上手く時間さえ合えばお互いにとってメリットのある関係を築くことができるやりがいのある仕事ではないかと思います。

ただしある程度体力を使う仕事なので、どんなに好きでやっていたとしてもどこかで体力の限界がやってくるし、収入の問題が出る可能性もあります。

実は私も自宅でPCさえあればできる副業をやっていますが、完全なデスクワークなので体力の心配はまったくありません。

しかもうれしいことに、毎日コツコツと努力して結果を出していけば少しずつ権利収入をためていけるシステムなんです。

私はこの副業で結果を出して将来は自由な時間と自由なお金を手に入れて、様々なところへ旅行にいこうと今から楽しみにしています。

年齢を問わず自宅でPCさえあればできる新しい副業とは?

ABOUTこの記事をかいた人

SNSを利用した集客と権利収入型ネットMLMのコンサルティングをしています。 将来の年金が不安で対策を検討している方、子育てしながら自宅で稼ぐ方法を 考えている主婦やシングルマザーの方々を中心に活動しています。