高収入がゆえに敬遠されがちな「治験」は副業になるのか?

201306101634009fcs

治験」高収入の副業を探している人なら、一度は目にした事があるでしょう。

しかし、余りの高収入がゆえに怪しさが増して誤解されている所もあるようです。

では、一体「治験」とはどんな仕事なのでしょうか?そして副業として成り立つのでしょうか?

「治験」とは?

治験とは一言で言うと、新薬のモニターのことです。

な~んだ、ただのモニターね!

そうです、開発した薬が正式に市販品として医薬品と認められるか、安全性や有効性を確かめて厚生労働省の許可を取るためにデーターを取る試験が「治験」と言うわけです。

ただ、データーを取るモニターと言っても実際に薬を服用しなければならない為安全性を気にする人も多いようですが、治験は開発した薬の最終チェックの場所です。

それまでに十分なテストを繰り返して来た上での試験の場所なので安全だとは言われています。

給与と参加方法は?

どうやら治験は仕事ではなく、ボランティアというくぐりのようです。

患者負担軽減費(謝礼金)としてビックリする金額が支払われています。

私が見つけた求人の中で最も凄かったものは、三泊四日で百万円。交通費食事付きというものです。

参加の申し込みは新薬ネットなどと検索すると出てくると思います。

とにかく健康体で、事前審査さえパス出来れば誰でも参加できるそうですが、病院大嫌いの私にとってはちょっと無理そうです。

病院大嫌いの私でも、大金を手に入れられる方法がここにあった!