ブラック企業!見分け方~ヤバイ求人広告のアレで分かる!

 

ブラック

ここ最近、ブラック企業が大変に大きな社会問題になっています。

 

また、やっとの思いで内定を貰った会社が
もしもブラック企業だとしたら
あなたのサラリーマン生活はどうなってしまうのでしょうか。

 

そんなことに陥らないよう、ブラック企業見分け方
身に付けておく必要があります。

 

実は求人広告に使われているフレーズに注目することも
見分け方のひとつなのです。

 

こんなキーワードに要注意

未経験者大歓迎!

仮にあなたが会社の経営者(雇う側)だとしたら
即戦力になる、その業界の経験者を優先的に雇いませんか?

 

もしかすると、その業界の経験者が来たがらない
会社かも知れません。

 

店長候補の募集です!

今の社員に店長候補はいないのですか?

 

また、実際に数ヶ月後に店長の肩書きを与える会社もあります。

 

そうすることで、幾ら長時間勤務をしても残業代を払う必要の無い
会社にとって都合のよい社員を作り出します。

 

急募!限定募集!

よく冷静になって考えてみてください。

 

そもそもこの場合、応募者のメリットはまったく有りません。

 

むしろ、急に退職者が出るような会社の環境を
疑うべきです。

 

大量募集です!

 

一見、業績が上向きの会社に感じますが
現存の社員数との比較が必要でしょう。

 

特に生保会社や車のディーラーの場合は
要注意です。

 

採用したての1年間はだれでも親戚、友人に
売れるものです。

 

ですから「社員募集」と言うよりも「お客様募集」の
意味合いが大きいのです。

 

社員旅行は海外に!

 

これも一見、業績が安定している会社に感じます。

 

実際に社員旅行を海外へ行っていたとしても
求人広告で派手なことばかり並べる会社には
落とし穴があるものです。

 

やる気のある人求む!やりがいのある仕事です!

 

そもそも「やる気のない人」を求める企業など
存在しません。

 

また、やりがいとは「これがやりがいですよ」などと
会社や誰かに決められるものではなく
自分で見つけるもののはずです。

 

こんな抽象的な言葉ばかりを使う会社は
「欲しい人材が定まっていない会社」とも言えます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

以上、ブラック企業が使いそうなフレーズを
検証してみました。

 

このようなフレーズが複数使われている場合
ブラック企業である可能性がきわめて高いと思います。

 

また、あなたが採用する側の立場になって
「なぜ、このフレーズを使うのか?」と
冷静に考えることで、ある程度は判断がつくと思うのですが
いかがでしょうか。
他では絶対に教えてくれないない!権利収入型副業!