サラリーマンよ副業で補え!満足できる収入と「やりがい」を

starting a business4

サラリーマン副業をする最大の目的は
やはり本業では満足することのできない収入を補うことでしょう。

 

また、サラリーマンサラリーマンのままで収入を増やすことのできる
唯一の方法の残業も、あてにしていたボーナスも激減。

 

さらに20代~30代のサラリーマンの場合
終身雇用をかたくなに信じている40代~50代のバブル組が
会社に居座り、なかなか昇給することは難しいでしょう。

 

これでは若いサラリーマンの5人に1人が
何らかの副業をすることもうなずけます。

 

しかし、サラリーマンにとっての副業とは
単に足らない収入を補うだけのものではなく
そこには人に使われているだけでは味わうことのできない
やりがい」があります。

 

副業ならではの「やりがい」

ところであなたは今のお仕事に「やりがい」を
感じていますか?

 

幾ら生活のためとは言え、「やりがい」の無い仕事を
一生やり続けることは生身の人間としては
余りにも辛いことではないでしょうか。

 

逆に「やりがい」は感じているけれど
いつまで経っても収入アップに繋がらない仕事では
後々後悔するかも知れません。

 

サラリーマンの中には
「私はやりがいの有る仕事をしている!」と
豪語される人がいらっしゃいます。

 

よく考えてみてください。

 

それは会社にとって都合の良い「やりがい」であって
「収入」に繋がらなければサラリーマンにとっては
本物の「やりがい」ではないはずです。

 

しかし副業の場合は本物の「やりがい」を
見つけることができます。

 

・一から百まですべてを自分で仕切れる。

・得た利益はすべて自分の収入に繋がる。

・起業のきっかけになる可能性がある。

副業の「質」をかんがえましょう。

「お金がないなら、とにかく働け!」と言う人がいます。

 

また、短絡的に時間給のアルバイトで汗を流す人もいます。

 

確かに何もしないでいるよりはマシかもしれませんが
かしこい選択だとはどうしても思えません。

 

その理由は簡単で、一時的な埋め合わせはできても
根本的な解決には至らないからです。

 

それよりも本業の収入と同じように、将来に渡って定期的に
また継続的に入る副収入を考えるべきです。

 

例え月の副収入が同じ5万円だったとしても
時間を切り売りするのと継続的に入るのでは
収入の質がまったく違ってきます。

 

更に「やりがい」もまったく違ってくるでしょう。

 

ですから、どんな副業を最初にチョイスするかは
もっとも重要なことなのです。
他では絶対に教えてくれないない!権利収入型副業!