データ入力代行のほかの副業にはないメリットとは?

ビジネスツールデータ入力代行はけっこう稼げるかもしれません。

副業の1つとしてデータ入力代行というのがありますよね。

仕事の内容は名詞の打ち込みやテープお越しなどの作業。

名詞の打ち込みは500枚で2000円、1枚3円と依頼主によって報酬が違うようです。

テープお越しは単価が高いようですが、2時間の音声を文字にするのに5~6時間かかるなどけっこう時間を費やすようですね。

なりよりデータ入力代行のメリットは自分の空いた時間に効率よく作業が出来るとのこと。

休日の空いてる時間に副業ができるというのがいいですね。

それにデータ入力代行は在宅でする副業なので、天候や場所に捉われないのも一般的な副業と少し違う点かもしれません。

このデータ入力代行に必要なことは、文字打ちを早く正確に打つことが出来ることが求められるといいます。

そうですね、僕の知り合いにもデータ入力代行をされていた方がいました。

その方は副業ではなく本業ででしたかな?

その方を見てみるとパソコンがかなり出来る方でデータ入力も普通の人とは違った速さやったようです。

在宅で出来るのが何よりの長所だったようですが、受注量が多い割には単価が低く徹夜で作業をやっていたと聞きました。

僕は調べたのはデータ入力とテープ起こしの作業で3日で2万1500円稼ぐことが出来ると書いていたのですが、実際はどんな感じなんでしょうね。

でもデータ入力をされていた方、エクセルやワードなど普通の人では出来ないことをされていたのですごかったという印象がありました。
毎月確実に振り込まれる安定収入を稼ぐ方法