預金口座 にも「マイナンバー」を付けて管理?!将来は個人資産も全て政府が把握? 

TUCYOU

国民総背番号制
皆さん一度は聞いた事あるでしょう。

簡単に言いますと、国民の一人一人に特定の番号を与え、国民の情報を
と統一のシステムで管理する事によって、国民を管理しやすくする制度
です。

主の目的は「行政事務の効率化」となっており、その内容は国によって
様々な違いがあります。

当然日本でもこの様な制度はありますね。

唯日本では
「健康保険被保険者番号」
「パスポート番号」
「基礎年金番号」
「納税者番号」
「運転免許証番号」
などなど番号がそれぞれ違いとなっており、管理上の混乱を生み出す
一因となっております。

それはさて置き。

今までは年金や税金は番号を付けて管理されているのですが、
個人の資産(預金口座)」は管理の対象となっておりません。
そこで、2018年から、政府、与党は国民の一人一人に「マイナンバー
という番号を与え、個人の資産預金口座)を把握管理しようと検討
しています。

これに対し、反応は様々ですね。

「脱税を防げる!」
「困るのは詐欺師や泥棒など”犯罪者”だけ!」
「生活保護の不正受け取りが減るからどんどんやるべき!」
など賛成名声が上がっている一方・・・

「金持ちが海外へお金を持ち込む事によって海外への資金流出が増える!」
「情報が流出され、不正利用される恐れがある!」
「脹れ上がった国債を解消する為に、勝手に”預金封鎖”される恐れがある!」
などの批判の声も上がっています。

私自身はこの制度の内容に関しては問題無いだと思っており、
問題なのは「この制度を利用している”権利者”」だと思っております。

結局どんなに良い法案を出しても、政治家と深い関係がある資産家や役人
など”強い権力”を持っている人は、色々と”コネ”を使って見逃され、
搾り取られるのは微々たる貯金しか持っていない、権力の無い”一般市民”
となるでしょう。

そのため、例え将来どんな制度になっても、常に危機感を持ち、情報を集め
なければなりません。
私の場合、将来会社から離れても、生活に困らない程の権利収入を得える
為に、今在宅で出来る副業を行っております。

将来生活に困らない程の権利収入・不労所得を得る方法とは?